スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水火タワー 2014.2.14版

ちょっと前の話ですが、何故か《超法剣 カツキング GANG》の除去能力が「相手の3000以下全破壊」になっている夢を見た封魔カオスです。

最近は、水火タワーをちょいちょい回していました。
今年初めに公開したのと殆ど変わっていない(2枚増えただけ)ですが、その時の記事が結構適当だったので解説とか加えた上で新たに記事にしようかと。

それではデッキレシピでも。

【GO!GO!水火(無色)タワー】(単色各23枚、多色8枚、無色1枚 計55枚)

■コスト8(2枚)
超法剣 カツキング GANG
無法のレイジクリスタル(S・トリガー)

■コスト7(3枚)
キャバリア・シャーク
弐超拳銃 ドラゴ・リボルバー
地獄スクラッパー(S・トリガー)

■コスト6(7枚)
キング・ラングレー
電脳大河バタフライ・ブランデ
クラック・クロウラー
斬隠オロチ
アクア・サーファー(S・トリガー)
爆獣ダキテー・ドラグーン(S・トリガー)
フレイムランス・トラップ

■コスト5(9枚)
アクア・バースター(S・トリガー)
電脳王機タコ・ジュランゾ
円状の炎上 ケーニッヒ
超法 カツドン GO!
ルーレット・ビーム(S・トリガー)
鎧亜戦隊ディス・ボクサー
鎧亜の冷徹アガート
キャロルの空中ライブ(S・トリガー)
破界の右手 スミス

■コスト4(10枚)
フォーチュン・ボール
ペコタン
凍結のカルマ フラペチーノ
キューティー・ハート(S・トリガー)
サイバー・ハンド(S・トリガー)
双拳銃 ドラポン
万里の超常 ボンバルディア 4000
機真装甲ヴァルドリル
突撃奪取 ファルコン・ボンバー
不屈!熱血!! テスタ・ロッサ

■コスト3(16枚)
怪僧 ワカメ・ジール
アクア・ハルカス
アクア・スーパーエメラル
クゥリャン
遥か寸前 ヴィブロ・ブレード
ステンドグラス
弾丸透魂スケルハンター
転生プログラム(S・トリガー)
隠れんぼの達人コンコーン
爆神兵ザルメス
禍々しき取引 パルサー
焔の下の力持ち ワーゲン
ブレイブハート・ドラグーン
超獣大砲(S・トリガー)
虚空の力 レールガン
闘竜麗姫アントワネット

■コスト2(8枚)
エメラル
スパイラル・ゲート(S・トリガー)
巳年の強襲者 コブラ
飛翔する啓示 ゼッツー
クック・ポロン
紅風の盗賊ビューラー
火焔特攻弾(S・トリガー)
熱湯グレンニャー

S・トリガー割合 23.6%(13/55)

【解説】
搭載枚数が55枚である間しか使えないダジャレなタワー名が特徴。
前回の構築に《転生プログラム》と《禍々しき取引 パルサー》を加えただけの手抜き改造。やっぱりパワー問わず破壊ができる転プロはこの文明において偉大でした。
《邪眼と魔銃の盾》は入れない方針で。下手に枚数増やしていくとS・トリガーの割合が下がっていきますし。
……とか言いつつ、S・トリガーは23%とかなり少なめ。普段のタワーでは大抵3割超えてますし。その代わり、シールド仕込みの出来るカードが複数入っています。
全体枚数が少なくドロン・ゴーも成立し易い為、ハッタリとしても機能し易いです。

個別カードの解説でも。
■《超法剣 カツキング GANG》
8という高いコストに見合った、このタワー最強のカード。
普段のデッキではカツキングMAXに殆ど出番を奪われている彼ですが、このタワーでは除去付き大型獣として大活躍です。やはりこの手の「登場時と攻撃時に能力を発動するクリーチャー」は使い易くて良いですね。

■《鎧亜の冷徹アガート》
なかなか面白いカード。2色しかないタワーな上にコイツ自身が2色持ちなので、相手にはバトルゾーンに上手く2色を揃えることを強制させられます。

■《破界の右手 スミス》
パワーではタワー内最強のクリーチャー。唯一の無色クリーチャーでもあります。
良くも悪くもデカいだけですが、確定除去の乏しいこの文明にとっては冗談抜きで脅威だったり。

■《ペコタン》
普段のデッキだと1コスト下の《アクア・ハルカス》《クゥリャン》《遥か寸前 ヴィブロ・ブレード》と比べてコスト論的に損をしているため全く使われないカード。
タワーだとあまりコストの高低が気にならないので、コストパフォーマンスが悪くてもそれらよりパワーの高いこのカードもそこそこ有り難かったり。
このタワー内だと《不屈!熱血!! テスタ・ロッサ》と《闘竜麗姫アントワネット》も似たような関係です。

■《アクア・ハルカス》《クゥリャン》《遥か寸前 ヴィブロ・ブレード》
ということで、ペコタンよりコスト論的に得をしている方々。これといった条件なく手札を減らさず召喚できます。
なお、このタワーではこの3枚を「只の名前違い」にするために、種族を参照するカードを一切採用しないようにしています。

■《キャロルの空中ライブ》《サイバー・ハンド》《転生プログラム》
パワー不問の除去カード勢。ただ、手札を与えたり代役が出てきたりと純粋な除去カードとしては中途半端なものばかり。
《キャロルの空中ライブ》は自分のクリーチャーにも打てることを忘れがち。《凍結のカルマ フラペチーノ》で凍らされたクリーチャーに打って手札に変換するなどの使い方が出来るのを忘れないようにしましょう。

■《禍々しき取引 パルサー》
《フォーチュン・ボール》《ペコタン》《爆神兵ザルメス》と共にビート促進剤となるカード。
手札の少ないプレイヤーにのみ味方するナイスカードですが、ハルカスらによって手札補充がそこそこ出来る上に、お互いにシールドを減らし合う展開になることも多いので、結構いらないカードになることも多かったり。
まぁ、パルサーがいらない=手札が多い(他に選択肢はいくらでもある) ってことなので、選択肢の少ないプレイヤーにとってのみありがたい存在となるコイツはやっぱり神カードです。

■《超獣大砲》
7000という広い除去範囲を誇る呪文。基本的にコストの低い《火焔特攻弾》の方が使いやすいですが、パワー上昇中の《鎧亜の冷徹アガート》 にギリギリ届くという強みを持っていたり。
逆にこのカードでも届かない《超法剣 カツキング GANG》《弐超拳銃 ドラゴ・リボルバー》《破界の右手 スミス》はかなりの難敵です。

■《エメラル》
「コストの高低があまり気にならない」タワーにおいては1コスト上の《アクア・スーパーエメラル》に隠れてしまうという、殿堂入りカードとしては実妙な扱いになってしまうカード。
種族による有利不利を作らないようにしているタワーなため、サイバーロードという種族を生かすこともできません。
ただ、スーパーエメラルの方はブロッカーを持っているためカツキングGANGのブロッカー破壊に引っかかってしまうというデメリットも一応あったりします。
……そもそもブロッカー能力は基本的にメリットなんですけどね。

では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。