【アウトレイジの書】構築済み感想【オラクルの書】

変形デッキこと、50枚収録の構築済みデッキ「アウトレイジの書」「オラクルの書」を昨日買ってきました。ありゃ、40枚だと思ってました。

使用前の感想と比較しつつ、使用後の感想でも。

■【アウトレイジの書】
とりあえずドロン・ゴー側の構築を元に改造してみました。シールド・ゴーも嫌いではないんですけど、どうしても派手な方に傾きますよ。

アラシ→ハリケーンは、ややコストの割には地味なものの、使ってて楽しいカードだなというのが素直な感想です。まぁ、ガチデッキに入り得るカードしか認めない人達にとっては紙切れでしょうけど……
青銅→プロメテウス→アラシ という動きがこのデッキの理想ってことですかね。アラシは運に左右されますが、上手くいけば墓地肥ししつつ手札を減らさず出てくるスピードアタッカーのWブレイカーですし。

カツトンファーは強かったです。手札にドロン先がない時に、ただ単に1ブレイク追加や+6000するためだけに使うこともできますし。ドロンが繋がった時の威力は言わずもがなですね。
これを主役にした4積みのデッキが普通に作れそうです。大会参加賞辺りでそのうち再録されますかね。


■【オラクルの書】
ゴッド・ノヴァ側をメインにしました。無色多めということで、そのままだと動きがぎこちないデッキという印象。まぁ、光闇自然(無色)の実質4色デッキですからね……
光辺りを、デッキに入っている文明として辛うじて機能しなくもない程度に減らし、代わりに基盤となる自然を増やすことによって割と動くデッキになる感じでした。
当たり前ですが《ニヤリー》を入れると、運がいい時の手札補充力が水文明をも凌駕するレベルに。コスト3パワー2000の3枚ドローとか殿堂レベルじゃないですかー(構築が制限される上、運要素 大)

最初見たとき、素直にマナ加速も入っているのでプレリュードは不要なカードだと思ってましたが、ピクライ→4マナでプレリュード&パールジャムと繋がった時が予想以上に強かった感じです。
一休&ハゴロモのイザナイコンビは完全に空気でした。一休はこのデッキだと破壊手段が全然ないですし、ハゴロモはなんというか重くて使い辛いですし。
背景ストーリー的には、神や信者の光臨を司るイザナイは、メシアの次ぐらいに偉かったりと凄い連中の筈なんですけどね……
気づいたらこの辺は上記の自然文明のカードや、ドロソになる孫子に変わっていました。

《黄泉秘伝トリプル・ZERO》はテキストから感じる以上のありがたみがありますね。今のところ防御の苦手なゴッド・ノヴァにとってはとてもありがたい存在です。

そして、オラクリオン達はゴッド・ノヴァとどう差別化していくのでしょうか。絶滅ギリギリの種族となっていくのか、それとも突然壊れカードが出るのか……
背景ストーリー的には「暫定神たるカノン達に成り代わってオラクル独自の神として光臨した筈が、気づいたらホンマモンの神に立場奪われてたぜ!」というなんともかわいそうな種族ですが、その未来やいかに。

では。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
封魔カオスです。

DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

コメントのついてない記事で不要と思ったものは時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR