スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタデッキ】ベスト・チャレンジャー・リベンジ

ベスト・チャレンジャーのスターターセットネタ再びです
採用カードは弱く何をしたいのかすらよく分からない散々なデッキですが、試しに採用カードだけ多少マシにしたらどうなるかを見てみることに
ということで完全上位の存在するカードを全て差し替えてみました


デッキ「ベスト・チャレンジャー・リベンジ」

■水(11枚)
K・ラーゲ 2(元アクア・シューター)
マドリオン・フィッシュ 2
アクア実験体 ゲール7号 3(元アクア・ビークル)
アクア戦士 ドリルゲッター7号(元キャンディ・ドロップ)
ゼピメテウス 2
テレポーテーション

■火(11枚)
音速 タルボ(元ドラグライド)
熱血龍 リトル・ガンフレア 2(元ボルカノドン&バーニング・ヘル)
単騎連射 マグナム 2(元ジョー)
飛翔する啓示 ゼッツー 3(元ボーグ&タイラー)
ピコット・ミサイル
友愛の天秤 2(元 幻竜砲)

■自然(18枚)
獣軍隊 カマイタチ(元トライ・ホーン)
雪精 ビッグビッグ 4(元フェザー・ホーン&パラダイス・ホーン)
突撃ウツボカズラ 2(元ソード・バタフライ)
原始 トゥリオ 2(元 白銀の牙)
散華の用心棒 2(元 無敵の咆哮)
青銅の鎧 4
熊姫の面 ベアコダッシュ 2(元 炎のたてがみ)
ルナティック・エナジー(元オーラ・ブラスター)


【解説】
単射マグナムと友愛の天秤の無駄遣い
コストや役割をなるべく変えないまま、完全上位の方のカードと入れ換えてみました
インターネット上のベスト・チャレンジャーデッキのカードリストは全体枚数が41枚になっているらしいのですが、どのカードが余分なのか分かりません
ということで今回は便宜的に《シザー・アイ》を省いて考えています
元のデッキと違い手札入れ換えや手札補充が少しだけ入っているため、運が良ければそこそこ回ったりします。回ったところで大半が準バニラですが
なお、全体のコストが下がりパワーが上がったため、ガチンコ・ジャッジや《予言者マリエル》にはかえって弱くなっていたり
ドラゴンやコマンドが入ったためVANベートーベンにも弱くなっています

一部のカードの個別解説でも

■《アクア実験体 ゲール7号》
手札入れ換えを行うことにより手札補充カードを引き寄せ、デッキの動きをスムーズにします
このカード自体が手札を増やすわけではありませんが、割と重要なカードですね

■《獣軍隊 カマイタチ》
このデッキの切り札(?)的存在。貴重なW・ブレイカー持ちです
シールドが少ないとマナから召喚できたりしますが、これって本来は革命軍の能力ですよね?

■《音速 タルボ》《ルナティック・エナジー》
それぞれ《ドラグライド》《オーラ・ブラスター》っぽいカードを探していて辿りつきました
エナジーの方は4コストの《獣達の挽歌》とも迷いましたが、パンプアップしかできないこちらの方が元ネタに近いのではないかと思いこちらにしました
タルボもエナジーもS・トリガー持ちなため、S・トリガーが計4枚になりました。結局少ない

■《友愛の天秤》《原始 トゥリオ》
貴重な手札補充カードです
並べるデッキなのでトゥリオはそこまで噛み合いませんが、序盤に1枚引ければ充分です
友愛はこれを引けるかどうかでデッキの回転が大きく変わってきます。手札がない状態だと純粋な2枚ドローになってくれるのがとにかく大きいですね

元のデッキとコストバランスを比べてみます
ベスチャレ
少し低コストに寄ってしまいましたが、飽和していたコスト3を減らすことができました
手札補充が多少できるようになったので、低コストのカードが多い方が一度にカードをプレイしやすいですね
少なくとも元のデッキよりは合理的なコストバランスではないでしょうか

では
スポンサーサイト

ウィンストン・ドラフト(デュエマ版)

MTG Wikiを見ていたらウィンストン・ドラフトなるものを見つけました
元々はブースター・ドラフトと同じく未開封のパックで遊ぶことを前提としたルールみたいです

先ほどのMTG Wikiの記事の、遊び方についての文章を要約すると

◆1.ドラフトに使うカードを全て混ぜ、1つの大きな山札にする
◆2.先攻後攻を決め、先攻プレイヤーは山札の上から3枚を裏向きのまま1枚ずつ伏せて置く。並べられたカードをそれぞれパイルA,B,Cと呼ぶ
pile.png
※パイル(pile)とは山札という意味だが、手順1で説明した山札とは別物なので注意
◆3.手番のプレイヤー(最初は先攻プレイヤー)はパイルAを自分だけが見えるよう確認し、そのパイルを取るか取らないかを決める
 →取る場合、そのパイルの全てのカードを取った後、山札の一番上のカードを裏向きのままパイルAのあった場所に置く(新たなパイルAになる)
 →取らない場合、カードを元の場所に戻し、山札の一番上のカードをパイルAの上に裏向きのまま置く(パイルAが1枚増える)
◆4.パイルAを取らなかった場合、パイルBでも同様の手順を行う。パイルBを取らなかった場合、パイルCで同じ手順を行う
◆5.どのパイルも取らなかった場合、山札の一番上のカードを自分のカードとする


手順3~5を交互に行い、用意したカードが全てなくなるまでカードを取っていくとのこと
最後の方になると山札から追加するカードがなくなったりパイルが2つ以下になったりしますが、その状態でも全てのカードがなくなるまでカードを取り続けるみたいです
最後に手元にあるカードで40枚のデッキを作り、そのデッキ同士で勝負をするルールです

ある程度の人数を要求するブースタ・ドラフトと違い、少人数でのプレイに向いたルールです
というかほぼ2人限定のルールですかね? 用意するカードを増やせば3人でもできるかも
ドラフト試合のセオリー通り同じパックを20パックほど用意して遊んでもいいですし、複数のエキスパンションのパックを混ぜて遊ぶ(カオスドラフト)のも面白そうです
また、既存のあまりカードで作った山(キューブと呼ぶらしいです)で遊ぶキューブドラフトの形をとれば、新たなパックを購入するコストが浮きますね
試しに以下のような内容のキューブでゲームのプレイ具合を見てみました

長くなるので中身は「続きを読む」から

続きを読む

9月~11月の最新カードの感想

またもや更新が滞ってしまってました。封魔カオスです
@homepageがサービス終了してサイト本体が見られなくなってる……どうにかしないと

ここのところ用事が立て込んでいたため殆どカードを買えておりません
革命ファイナル2弾だけは購入していたため、それを中心としたカード感想になります
デュエデミー賞は新規カードがいずれもタワー向きのカードではなかったため割愛しました



【世界は0だ!!ブラックアウト!!】(9月17日)

■《獣軍隊X ゲリラフガン》
6マナ溜まるととシールド・トリガーを得るゲリラ・コマンドです
マナ共有ルールでは破壊時能力が強すぎる気がするので、自然単タワーのように破壊以外の除去が多いタワーに入れるのがいいかもしれません

■《ゴースト・パイレーツ》
今回のパックでも特に優秀なS・トリガー呪文です
相手の8000以下を2体まとめて退治したり、16000以下1体を手札に戻したりできます
コスト8の多色ということで、《無法のレイジクリスタル》に使用感は似てる……かも?

■《龍素記号Uc プレパラード》
《ファンタジー・フィッシュ》《突然月光ホイホイザー》《メカピン》《アクア潜入員 トリガロイド》の完全上位です
S・トリガー付きのドラゴンなのでタワーでも重宝されそうですね

■《反逆の悪魔龍 レイドボッカス》
《デス・ハープ》の完全上位です。あちらはタワーですら大して使われてませんでしたが
ドラゴンを多く入れたいテーマのタワーにどうぞ
余談ですが、DM-01に入っていてもおかしくないほど不気味なイラストをしています

■《ベイB ソーター》
《勇王の化身ダイカイザン》に似た「ターンの始めにマナをタップして発動」系のカードです
ただ、あちらと違うのはアンタップステップの後に能力を使えるという点ですね
そのため、マナ共有ルールでも安心して採用することができますね(ダイカイザンの場合、能力に必要なマナを直前の相手ターンに使われてしまう)

■《パペット・ナイト》
場に味方クリーチャーがいることが前提とはいえ、敵獣を複数破壊し得るS・トリガー呪文です
スレイヤーが付与されるのは味方だけなため、自分のクリーチャーの方が強い場合は普通に相手だけを破壊できるのが強みですね

■《禁断W エキゾースト》
出した時に1枚引けるブロッカー。出したとき能力になった《封魔イゾラド》とも言えますし、コストが低くなった《ハルク・クロウラー》とも言えます
癖のない性能を持つため様々なタワーでコンスタントに活躍してくれそうです

■《サイバー・チューン》
でかい《エマージェンシー・タイフーン》ですね
状況を選ばないため、あらゆるタワーで活躍が期待できそうです
フルフレームのイラストがかなり格好いいです

■多色マナ武装サイクル
タワー内の多色カードの割合によりますが多色マナ武装2はそこそこ発動を狙っていけますね
逆に多色マナ武装4はよほどのことがない限り狙えそうにないです
採用する場合は《謎帥の艦隊》のようにマナ武装なしでも強いものにした方がよさそう

■侵略ZERO
相手の踏み倒しに便乗し、自身を踏み倒す能力です
面白い能力ですが、タワーに入れると踏み倒しを控えさせ、プレイングを窮屈にしがちです
採用するとしてもあまり入れ過ぎない方がいいでしょう



【DXデュエガチャデッキ】(11月12日)

■ドギラゴン・ガチャ関連カード
6番の「出撃」が出るたびにマナが減ってしまうのでタワーには不向きです
1~5番の出目はタワーでも美味しい能力ばかりなので非常に惜しいです

■《刀の3号 カツえもん剣》
味方にスピードアタッカーを与える革命チェンジ持ちのハムカツ団です
革命チェンジの条件が緩く使いやすいため、タワーにも採用しやすいですね
SA付与により攻撃時能力持ちをサポートすることもできます

■ドキンダム・ガチャ関連カード
こちらのガチャはタワーに不向きな目はなさそうですね
墓地に関係する能力が多いため、序盤に回すと得しにくいのが欠点でしょうか
採用するのであれば軽くて使いやすい《轟烈X ベガスダラー》やS・トリガー持ちの《ドキンダム・チャンス》あたりが候補になりそうです



デュエデミーとガチャデッキは買わないままスルーすることになりそうです
コロコロ付録でカツえもん剣を手に入れたので、合うタワーを探してみることにします
では
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。