スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロニクルパックとタワーデュエル

旧漫画キャラをイメージした商品「英雄決闘譚」が一昨日に発売されましたね
新規・再録を織り交ぜたパックではありますが、新規カードも懐かしのカードを意識・サポートしたものが多く、戦国編以前を懐古する意味合いの強い商品となっていますね
新規カードを中心に、タワー視点での感想でも

■ボルシャックパック
名称《ボルシャック》をサポートする新規カードが3枚登場しました
ボルシャック・ファイアーは火文明入りタワーのS・トリガー枠として使えそう
キング・ボルシャックはそこそこの速度とサイズを持つので除去手段も一緒に入れること

■サムライパック
戦極無双は念願(?)の9000火力持ちのS赤い・トリガーです
上のボルシャック・ファイアーも含め高パワーに届く火のトリガーはタワー的に嬉しいですね

■HDMパック
軽くなったデスことデスペラードが登場です
デスだと3体リンク時に手の付けられない強さになるので、タワーでHDMを狙うならこっち?
ドボルザークも念願の再録を果たしました。こちらは通常デッキにどうぞ

■デリートパック
オールデリートがリセットカードとしてタワーに入る可能性がワンチャンありそう?
また、12シリーズ皆勤賞ことオドル・ニードルがまたしても再録されています

■アルカパック
出した時1ドロー出来るエンコマなアルカ・キッドはタワー的に美味しい……かも
アルファ程ではないものの高い拘束力を誇るアルカフェウスはなかなか危険そう
大量のシールドを追加し試合を長期化させる危険性のあるホワイトアウトですが、リセットカードとしてタワーに入る可能性もなくもなさそうです

■バロムパック
マナの代わりに手札に干渉するバロム・ロッソはタワー的にどう動くのでしょうか
闇文明しか墓地回収できない死神スクリームは、呪文回収を持つ光獣と相互無限回収を起こさないという特徴を持っています
クリーチャーと呪文の相互無限回収はタワーではネックになることが多いので、それを防ぎつつ墓地肥やしと墓地回収を同時に行えるというのは割と大きいのではないでしょうか

■ボルベルグパック
マナを増やしつつ回収する究極竜装ビクトリー・ソウルが比較的タワーに向きそうな印象です
クロスギアとしてはかなり重い上、コストの割に能力がやたら地味なのは何故なのでしょう
種族にサムライを持たないのも何だか勿体ない印象を受けますね

■リーフパック
何度も3枚ドローを行えるスーパーリーフは、一方的に手札を稼げてしまうためタワーには向かなさそう
サイバー・ウイルスをなるべく控えつつ入れればどうにか……そこまでして入れるカードかは疑問ですが
タワーとは関係ないですがシェイパーの再録は割とありがたいですね

■ユニバースパック
おそらく今回、最もタワーに向いていないパックです
アブゾリュートキュアは一度にマナを3枚減らしてしまいますし、ユニバースラピアは共有ゾーンである山札・墓地・マナに影響を与えるため利敵行為に繋がりかねません
ユニバース・ライフは見かけの印象よりかはタワーに向きそう? リバース・チャージャー的な立ち位置(強制マナチャージ付き有用カード)のカードとして使うことになるかも

■殿堂中心パック
ホーブラ、サイン、スパイラルゲート、目的不明の作戦とS・トリガーが満載のパックです
No Dataは置きドローとしてもはたらく上、毎ターンS・トリガーを仕込めてしまうという性能の持ち主ですが、パワーもそこそこ程度なので除去さえしっかりしてれば入れてもよさそう
そこまでして入れるぐらいならキャバリア・シャークとかで十分ってことになりそうですが

【総評】
古きを懐かしむというコンセプトなのもあり、全体的に面白そうなカードの多いパックでした
それぞれのパック間に若干の関連性があるのがいいですね(サムライパックにも大和という《ボルシャック》がいる、デスメタルピアをNEXで呼べる、コッコやマッハがデスフェニの進化元になる等)
幸いにも極端にタワーに向かないカードもなさそうなので、このパックのカードを全部使ったタワーを一度作ってみるのもいいかもしれません
サーチカードが何枚かありますが、今回はそれらも採用することにしてみましょう

では
スポンサーサイト

復讐チェーンソーとタワーデュエル

いつの間にか10月になり、今年も残すは3ヶ月となりました
今年に入ってからサイト本体を全然いじれてないなぁ……やばいやばい

変わった能力ゆえ、初めて見たときからタワーに向いてるかも? と思っていました
運よく安く手に入れることができたので、タワーでの感触を確かめてみることに
ハズレア扱いされるこのカードですが、とんでもない低スペックというわけでもないんですよね
同弾の他SRと比べ、癖が強すぎたが故の悲劇でしょう。VRならここまで言われてなかったかも
地味さで叩かれまくったフルボコ・ドナックルと境遇は似てるかもしれません

【タワーに入れてみた感想】
■タワーデュエルだと苦手な相手が少なめ?
 マドンナ等の、「代替コストがいらない除去耐性」がこのカードの天敵となります
 (ギガジャドウの公式Q&A参照。おそらく裁定は同じかと)
 耐性持ちが少ないタワー環境(参照)は、チェーンソーにとって最高の舞台と言えるでしょう
 ……ごくまれに《不死身のブーストグレンオー》がいたりしますが

■出した時能力持ちのWブレイカー9000は割と強い
 癖の強い能力に目が行きがちですが、9000というパワーは十分脅威になりうるレベルです
 タワー内で最高パワーを持つクリーチャーがこいつになることも
 《激竜王》や《死海竜》のようなパワー馬鹿がいると話は変わってきますけどね
 ただ、除去を放ちつつ出てくるクリーチャーとしては相当のサイズなのは間違いないハズ

■パワーを参照しない複数除去はタワーにおいて脅威
 大型獣が並ぶ状態は、タワーでは避けたいシチュエーションです
 パワー参照型除去がハズレ札になってしまう上、一斉攻撃による一方的な展開が生じがち
 そのような状況を一気に打開し得るこのカードは、逆転要素としても申し分ないですね
 《いけにえの鎖》などとは違い、小型獣を処理されて終わることも多いですが……

■でもやっぱり使えないときは使えない
 かなりの威力を発揮することもありますが、ダメなときはとことんダメでした
 小型獣に囲まれると割に合わない上、目的の相手を破壊できないこともしばしば
 また、切羽詰まった状況だと1,2体の相手を多量の手札を犠牲にして破壊することも
 融通の効かなさは如何ともしがたいですね
 下位種の《無常の破壊者ボネー》の方が使いやすいこともしょっちゅうです


思ったより活躍する場面は多かったものの、歯痒さを感じる場面も同じくらい多いカードでした
ただ、《無常の破壊者ボネー》ともども「一方的にアドは取れない」という特徴は一方的な展開を避けやすく、比較的タワーに向いていると言えるでしょう
そういえば、ボネーが侵略者じゃないのってなんでなんですかね
能力の傾向は復讐一味と同じ傾向なのですが……

では
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。