スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改訂第四版 エンジェル・コマンド・ドラゴンタワー

お久しぶりです。封魔カオスです。いつの間にか8月も終わりを迎えていました。
DM的には商品展開のない月でしたので、トッキュー8への参加とタワー作成以外に殆ど何もしない、極端なライトユーザーと化した自分にはあまりやることがありませんでした。
そういえば、9月からの参加賞パックに《音階の精霊龍 コルティオール》が入るらしいですね。トレードやシングル買いで手にしたカードが再録されるジレンマェ……

【タワー】
エンジェル・コマンド・ドラゴンタワーは相変わらずほんの少しずつ内容が変わっていっています。
今回もほんのちょびっとだけ変更し、多色カードが1枚追加され、火文明のカードが1枚差し替えられました。全体枚数は1枚増えて76枚になりました。
とりあえず変更したカードについて解説でも。

■《魔魂葬のサードニクス》
数少ない光闇火の3色カードの1枚。多分その中では《希望の守り手ラプソディ》に次いでタワーに入れられそうなカードなのではないかと。
今まで入れてなかったのは「一度にシールドをブレイクできる可能性」を危惧したからなんでしょうけど、ブレイク数上昇の条件が「味方クリーチャーを破壊した数」である以上、「このカードが強くなる状況=どの道勝てる状況」なんですよね。
まぁ、後半マナが伸びている状況から一気に展開し複数ブレイクしてくる可能性もありますが、前のターンにパワー1000のコイツを除去できなかった方が悪いということで。
スピードアタッカー付与もありませんし。
なお、味方を破壊出来るので、自軍のスペルビアを離す手段としても利用できます。

■《隠れんぼの達人コンコーン》(《火之鳥ペリュトン》から変更)
前回懸念していた通り、この色だとペリュトンの詰みメイカーっぷりがたまにヤバいことになっていたので、一旦ペリュトンを抜くことにしました。
代わりに入れたのがコイツです。低コスト域が若干不足している気がしたので、丁度良いカードなのではないでしょうか。

【割合などの再計算】
S・トリガー率 27.6%(21/76)
ドラゴン率 32.9%(25/76)

コスト分布
コスト2 5枚
コスト3 12枚
コスト4 11枚
コスト5 13枚
コスト6 16枚
コスト7 10枚
コスト8 8枚
コスト9 1枚

今回は、クリーチャーのパワー分布も見てみました。
P1000 12枚
P2000 6枚
P3000 5枚
P3500 1枚
P4000 10枚
P5000 4枚
P5500 1枚
P6000 5枚
P6500 1枚
P7000 7枚
P9000 1枚
P10000超 5枚

サードニクスが入ったことにより、S・トリガー率とドラゴン率が少し減少しました。
また、パワー分布を見てみたところ、パワー1000が多いという結果に。パワーを参照する破壊が多いタワーなので、丁度良いのかもしれません。
ただ、案外多くいるパワー7000への対抗手段が少ないのが悩み所。やっぱり《トルネード・フレーム》は《霊森の火柱》にするべきなのだろうか……

9月のパックでどう変わるか楽しみです。
では。
スポンサーサイト

改訂第三版 エンジェル・コマンド・ドラゴンタワー

相変わらずのマイナーチェンジっぷり。
《音階の精霊龍 コルティオール》がマシな値段で手に入ったので早速入れてみました。
各文明の単色カードを1枚ずつ増やし、全体枚数が75枚となりました。
また、既存の部分も1枚だけ入れ替えました。

今回は前回から変化した点だけ記述します。

■《音階の精霊龍 コルティオール》
S・トリガー持ちのエンジェル・コマンド・ドラゴンです。入れない理由がありませんでした。
《霊騎コルテオ》と違いドラゴンの数しかカウントしないものの、ドラゴンの多いデッキでは思ったより気になりませんね。
パワーが4000に上がっているので、殴り返しの性能も高くなっていますし、種族的にも大型の進化クリーチャーの進化元になりやすいです。

■《いけにえの鎖》
個人的にタワーでお気に入りのカード。
パワーやコストに関係なくクリーチャーを選んで複数処理できるカードは、タワー的には結構貴重なんですよね。
自分の場が空になるぐらい制圧されているときにこそ能力を発揮しやすいというのも利点です。
入れてから気づいたのですが、このタワー的には自軍のスペルビアを処理できるカードという役割も持っています。

■《火之鳥ペリュトン》
持ってるカードで他に入れるものが思いつかなかったのでとりあえず。
破壊を一度だけ耐えるこの手のカードはタワー的には美味しいのですが、破壊でない除去が光のシールド送りしかないこのタワーとしては、進化クリーチャー且つ破壊耐性を持つこのカードは思った以上に厄介です。
こいつがいる状態でシールドを0枚にされると途端に「詰み」になりかねないのが悩みどころ。
タワー的にはトップクラスで面白いカードなので、抜けることはそうそうないとは思いますが。

■《鬼人形ボーグ》(《失楽のカルダモン》から変更)
最初は「このタワー種族関係ないからたまたま目についたカルダモン入れればいいよね!」という理由でカルダモンを入れてましたが、よくよく考えたら超次元ゾーンの《剛腕の政》がハンティング持ちでした。


そういえばこのタワー、全体的に中~大型クリーチャーのパワーが抑え気味なので、一時的にパワーが7000に上がる《反撃人形デビルモモ》が案外対処しづらいんですよね。
勿論元のパワーが低い為に何かのついでに破壊されることもありますが、除去が少ない時に出されると結構面倒だったりします。
パワー7500~9000辺りのクリーチャーが少ないおかげなんですけどね。次の弾でこのあたりのパワーを持つ面白いエンジェル・コマンド・ドラゴンに出てこられたら、入れるかどうか迷っちゃいそうです。
では。

ブラック・コマンド・ドラゴンタワー試作

この前作った水火ビッグマッスルタワーが個人的に満足度の高いタワーになったので、「枚数の少ない種族で全員集合タワー」の第2弾を調子に乗って作ってみようと思ったり。
今度の種族はイマイチ立ち位置が確立できなかった種族ことブラック・コマンド・ドラゴン。
その種類は前回のビッグマッスルよりも少ない7種類。これでもレッド・コマンド・ドラゴンを除く他の[色名]・コマンド・ドラゴンより扱いがマシというのが何とも。
ファンタジスタ12で《リュウセイ・イン・ザ・ダーク》が出たりと、少しは未来のありそうな種族なんですよね。
……と思ったらファンタジスタ12の《復讐のバイス・カイザーZ》のフレーバー(参照)曰く、デーモン・コマンドとブラック・コマンド・ドラゴンが合体してデーモン・コマンド・ドラゴンが出たようなので結局後続が出ることはなさそうです。

それではタワー内容をどうぞ。
如何せん7種類しかいない(1体は超次元)ので、別の種族が主役になってしまいましたが。

【火抜き4色ブラック・コマンド・ドラゴンタワー】(単色各14枚、多色6枚、無色1枚 計63枚)

■光文明(14枚)
霊騎コルテオ(S・トリガー)
導きの精霊龍サリヴァン
天命の精霊ワガハイ・キャット
アクア・ダンプティ
アクア・ハンプティ
ガガ・ピカリャン
神座の伝道師バーニアン
希望の親衛隊ラプソディ
アポカリプス・デイ(S・トリガー)
DNA・スパーク(S・トリガー)
スーパー・スパーク(S・トリガー)
パニック・ルーム(S・トリガー)
超次元サプライズ・ホール(S・トリガー)
セイント・キャッスル

■水文明(14枚)
斬隠オロチ
アクア・サーファー(S・トリガー)
アクア・フェアコレクター
暴走機械オーバースキル
アクア・バースター(S・トリガー)
フォーチュン・ボール
ファンキー・ウィザード
終末の時計 ザ・クロック(S・トリガー)
アクア・スーパーエメラル
アクア・メルゲ
超次元ガロウズ・ホール
転生プログラム(S・トリガー)
スパイラル・ゲート(S・トリガー)
エマージェンシー・タイフーン(S・トリガー)

■闇文明(14枚)
THE FINAL カイザー
地獄のMISSOKATSU・カイザー
リュウセイ・イン・ザ・ダーク
破壊王エメラルド・バベル
復讐のバイス・カイザーZ
魔龍バベルギヌス
奇跡体験!リ・ボーン・カイザー
結杯の堕天カチャマサングン
ジェノサイド・カイザー
コッコ・ドッコ
守り屋ジョーオニー
デーモン・ハンド(S・トリガー)
地獄門デス・ゲート(S・トリガー)
ライク・ア・ローリング・ストーム

■自然(14枚)
緑神龍マグラグラン
賢察するエンシェント・ホーン
次元流の豪力
斬雪妖精バケット・バケット
永遠のプリンプリン
掘師の銀
夢うつつラッコルさん(S・トリガー)
オニフスベダケ
大集結!ドングリ軍団(S ・トリガー)
覚醒するブレイブ・ホーン
結界の面 ブオン
竜武の化身
ナチュラル・トラップ(S・トリガー)
母なる大地(S・トリガー)

■多色(6枚)
涙の卒業プリン
電脳無頼コバルト・ハルカス
霊峰の守護者ルキア・レックス
支配のオラクルジュエル(S・トリガー)
復活と激突の呪印(S・トリガー)
リアルとデスの大逆転(S・トリガー)

■無色(1枚)
真実の名 アカデミアン


■超次元ゾーン
時空の踊り子マティーニ 2
ブラック・WILLOW・カイザー

S・トリガー率 33.3%(21/63)


【解説】
ブラック・コマンド・ドラゴンの闇文明、盾送り,マナ送り(闇リュウセイ対策)の光,自然文明、ビート促進カードが多く便利な水文明の4色タワーになりました。火文明ごめん。
タワーらしくクリーチャーを強制的に交換するカードが多いので、悪用してやってください。
以下、ブラック・コマンド・ドラゴン達の解説でも。

■《THE FINAL カイザー》
弱い……
わざわざ10という高いコストを支払った対価としてはいささかハイリスク過ぎますね。
相手シールドに少しでも触れたら自分のシールドもまとめて吹き飛んでしまうのが不便すぎる。
なお、G・ブレイカーやワールド・ブレイカーは「全てのシールドを1回ずつブレイクする」能力であり、シールド・セイバーで全滅を防ぐことが出来るので覚えておくこと。

■《地獄のMISSOKATSU・カイザー》
殴らずとも発動するというのが厄介です。
ただ、墓地にエイリアンがいないということもしょっちゅうあったり。

■《リュウセイ・イン・ザ・ダーク》
矢張り破壊以外の除去を握っているかどうかで強さがだいぶ変わりますね。
コイツ対策の為にマナ送りやシールド送りを採用したこともあり、思ったよりも強すぎるということはなさそうです。

■《復讐のバイス・カイザーZ》
強いことには強いのですが、タワーの主役はあくまでもクリーチャーということで思ったよりは凶悪ではありませんでした。
勿論、1コストで出てきつつ手札を3枚ほどもっていくことだってあるのですが……
普段の試合での汎用性≠タワーデュエルでの強さ ですね。

■《奇跡体験!リ・ボーン・カイザー》
こいつも墓地にコスト4以下のハンターが全然落ちない……ハンティングの方をメインにした方が上手く機能する気すらします。
弱いということは全くないんですけどね。

■《ジェノサイド・カイザー》
性能は悪いですが、矢張りタワー的には美味しいクリーチャーでした。

■《ブラック・WILLOW・カイザー》
超次元ブラック・コマンド・ドラゴン。裏面は今のところ諦めてますが、マナ共有というルール故に《レッド・ABYTHEN・カイザー》が案外凶悪でない可能性があるので現在悩み中。その場合今度は自身を出すための呪文を回せる《ホワイト・TENMTH・カイザー》が懸案事項ですが。
(火抜きでも《悪魔神ザビ・イプシロン》でエビセンを出せるので色の問題はない)

チャチホコGOLDENを目指せる形にするかどうか考えてみましょう。
では。
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。