スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

51弾は結局まだ買ってません

51弾は結局まだ買ってません。普段トッキュー8に行ってる店でのトッキュー8が何故か今回は一週遅れだったんですよねぇ……
第2候補の店では発売した週に行われたのですが、開催時間がやや参加しづらい時間帯だったのでスルー。


そういえば、『デュエル・マスターズ 超全集E3』買いました。《最終章 カツエンド》は《暴剣坊 アラシ》を使うデッキ等では割と使い道があると思ったので。
クライマックス・ドロン・ゴーのお陰でアラシは当初よりだいぶ強くなりましたね。

ちょっと勘違いしていたのですが、クライマックス・ドロン・ゴーは本家ドロン・ゴーと違って「破壊される側がドロン先を踏み倒す」能力ではなく「エグザイルの破壊に応じて踏み倒される側が勝手に出てくる」能力なんですね。
なんか最初にこのテキストを見た時自分は「正規のドロン先の代わりに出せる」的な能力だと勘違いしていたんですよね。実際は全然違う能力でした。
きちんと手札補充をしてやれば正規のドロン先のついでにそれぞれ単独で湧く能力だとは。カツドンDASH以外にはスピードアタッカーがついてないので即死性はそこまでではなさそうですが、なかなかの爆発力がありそうです。
そういえばこの能力の参照範囲は「(コスト7以上の火の)エグザイル・クリーチャーかどうか」なので、《激流剣砲 カツ∞キング》らドロンを持たないエグザイル陣もドロン対象に出来るんですよね。
これで、つい最近チョコクランチでの再録を果たしたカツ∞キングの出番が増え……ることはなさそうですがね。
大き目の火入りエグザイルが使いたければ、素直にアラシとハリケーン使えばいいだけですし。

「無限に破壊」は選ばれないクリーチャーをも対象に出来るというややこしい裁定が出ているので、案外使い道がないわけでもなさそうですが……

この辺で。
では。
スポンサーサイト

DMチョコクランチにまた手を出してしまいました

そういえばこの時の折れカードは最近になってようやく交換してもらえました。
交換してもらったカードの中にも若干折れっぽいのがあるものがあったのですが……一旦封入したものを空けて交換品に回したのかな?

とりあえず、折れが酷いものは送り返せば良いと分かったので、懲りずに追加購入。
丁度チョコの方もあと数袋ぐらいに減ってきていましたし。
前回と同じ、一つ98円で取り扱っているスーパーにて中途半端に11袋購入。
どうでもいいことですが、98円で置いているこのスーパーのチョコクランチは全然減ってないのに、そのスーパーから歩いて数十秒のところにあるコンビニでは定価の105円で置いているにも拘らず売切れてて何故か笑えました。
目の前に7円安く売ってる店があるのになんで高い方で買うんや……

結果でも。

武闘龍 カツドン 1
青銅の鎧 2
コッコ・ルピア 2
雷光の使徒ミール 2
妖精左神パールジャム 2
爆裂右神ストロークス 2

種類少なく、同じカードが多めな内容でした。当たりと言われているウサミミパールジャムが2枚出たのは嬉しいですが、イズモ、プリンが出なかったのはちと寂しいです。
個人的に本命なカードの《武闘龍 カツドン》が1枚だったのも惜しい。1枚出てくれただけ嬉しいのですが。


ところで、結局状態悪いカードが今回も多かったです。
ネットを見る限り、他の人は40枚中15枚(十分多いですが)くらいのようですが、自分が買った分はむしろ無事なものを探す方が難しい割合なのですが……
この地域に出荷する分を封入してる工場の調子でも悪いんですかね。

では。

水火タワー 2014.2.14版

ちょっと前の話ですが、何故か《超法剣 カツキング GANG》の除去能力が「相手の3000以下全破壊」になっている夢を見た封魔カオスです。

最近は、水火タワーをちょいちょい回していました。
今年初めに公開したのと殆ど変わっていない(2枚増えただけ)ですが、その時の記事が結構適当だったので解説とか加えた上で新たに記事にしようかと。

それではデッキレシピでも。

【GO!GO!水火(無色)タワー】(単色各23枚、多色8枚、無色1枚 計55枚)

■コスト8(2枚)
超法剣 カツキング GANG
無法のレイジクリスタル(S・トリガー)

■コスト7(3枚)
キャバリア・シャーク
弐超拳銃 ドラゴ・リボルバー
地獄スクラッパー(S・トリガー)

■コスト6(7枚)
キング・ラングレー
電脳大河バタフライ・ブランデ
クラック・クロウラー
斬隠オロチ
アクア・サーファー(S・トリガー)
爆獣ダキテー・ドラグーン(S・トリガー)
フレイムランス・トラップ

■コスト5(9枚)
アクア・バースター(S・トリガー)
電脳王機タコ・ジュランゾ
円状の炎上 ケーニッヒ
超法 カツドン GO!
ルーレット・ビーム(S・トリガー)
鎧亜戦隊ディス・ボクサー
鎧亜の冷徹アガート
キャロルの空中ライブ(S・トリガー)
破界の右手 スミス

■コスト4(10枚)
フォーチュン・ボール
ペコタン
凍結のカルマ フラペチーノ
キューティー・ハート(S・トリガー)
サイバー・ハンド(S・トリガー)
双拳銃 ドラポン
万里の超常 ボンバルディア 4000
機真装甲ヴァルドリル
突撃奪取 ファルコン・ボンバー
不屈!熱血!! テスタ・ロッサ

■コスト3(16枚)
怪僧 ワカメ・ジール
アクア・ハルカス
アクア・スーパーエメラル
クゥリャン
遥か寸前 ヴィブロ・ブレード
ステンドグラス
弾丸透魂スケルハンター
転生プログラム(S・トリガー)
隠れんぼの達人コンコーン
爆神兵ザルメス
禍々しき取引 パルサー
焔の下の力持ち ワーゲン
ブレイブハート・ドラグーン
超獣大砲(S・トリガー)
虚空の力 レールガン
闘竜麗姫アントワネット

■コスト2(8枚)
エメラル
スパイラル・ゲート(S・トリガー)
巳年の強襲者 コブラ
飛翔する啓示 ゼッツー
クック・ポロン
紅風の盗賊ビューラー
火焔特攻弾(S・トリガー)
熱湯グレンニャー

S・トリガー割合 23.6%(13/55)

【解説】
搭載枚数が55枚である間しか使えないダジャレなタワー名が特徴。
前回の構築に《転生プログラム》と《禍々しき取引 パルサー》を加えただけの手抜き改造。やっぱりパワー問わず破壊ができる転プロはこの文明において偉大でした。
《邪眼と魔銃の盾》は入れない方針で。下手に枚数増やしていくとS・トリガーの割合が下がっていきますし。
……とか言いつつ、S・トリガーは23%とかなり少なめ。普段のタワーでは大抵3割超えてますし。その代わり、シールド仕込みの出来るカードが複数入っています。
全体枚数が少なくドロン・ゴーも成立し易い為、ハッタリとしても機能し易いです。

個別カードの解説でも。
■《超法剣 カツキング GANG》
8という高いコストに見合った、このタワー最強のカード。
普段のデッキではカツキングMAXに殆ど出番を奪われている彼ですが、このタワーでは除去付き大型獣として大活躍です。やはりこの手の「登場時と攻撃時に能力を発動するクリーチャー」は使い易くて良いですね。

■《鎧亜の冷徹アガート》
なかなか面白いカード。2色しかないタワーな上にコイツ自身が2色持ちなので、相手にはバトルゾーンに上手く2色を揃えることを強制させられます。

■《破界の右手 スミス》
パワーではタワー内最強のクリーチャー。唯一の無色クリーチャーでもあります。
良くも悪くもデカいだけですが、確定除去の乏しいこの文明にとっては冗談抜きで脅威だったり。

■《ペコタン》
普段のデッキだと1コスト下の《アクア・ハルカス》《クゥリャン》《遥か寸前 ヴィブロ・ブレード》と比べてコスト論的に損をしているため全く使われないカード。
タワーだとあまりコストの高低が気にならないので、コストパフォーマンスが悪くてもそれらよりパワーの高いこのカードもそこそこ有り難かったり。
このタワー内だと《不屈!熱血!! テスタ・ロッサ》と《闘竜麗姫アントワネット》も似たような関係です。

■《アクア・ハルカス》《クゥリャン》《遥か寸前 ヴィブロ・ブレード》
ということで、ペコタンよりコスト論的に得をしている方々。これといった条件なく手札を減らさず召喚できます。
なお、このタワーではこの3枚を「只の名前違い」にするために、種族を参照するカードを一切採用しないようにしています。

■《キャロルの空中ライブ》《サイバー・ハンド》《転生プログラム》
パワー不問の除去カード勢。ただ、手札を与えたり代役が出てきたりと純粋な除去カードとしては中途半端なものばかり。
《キャロルの空中ライブ》は自分のクリーチャーにも打てることを忘れがち。《凍結のカルマ フラペチーノ》で凍らされたクリーチャーに打って手札に変換するなどの使い方が出来るのを忘れないようにしましょう。

■《禍々しき取引 パルサー》
《フォーチュン・ボール》《ペコタン》《爆神兵ザルメス》と共にビート促進剤となるカード。
手札の少ないプレイヤーにのみ味方するナイスカードですが、ハルカスらによって手札補充がそこそこ出来る上に、お互いにシールドを減らし合う展開になることも多いので、結構いらないカードになることも多かったり。
まぁ、パルサーがいらない=手札が多い(他に選択肢はいくらでもある) ってことなので、選択肢の少ないプレイヤーにとってのみありがたい存在となるコイツはやっぱり神カードです。

■《超獣大砲》
7000という広い除去範囲を誇る呪文。基本的にコストの低い《火焔特攻弾》の方が使いやすいですが、パワー上昇中の《鎧亜の冷徹アガート》 にギリギリ届くという強みを持っていたり。
逆にこのカードでも届かない《超法剣 カツキング GANG》《弐超拳銃 ドラゴ・リボルバー》《破界の右手 スミス》はかなりの難敵です。

■《エメラル》
「コストの高低があまり気にならない」タワーにおいては1コスト上の《アクア・スーパーエメラル》に隠れてしまうという、殿堂入りカードとしては実妙な扱いになってしまうカード。
種族による有利不利を作らないようにしているタワーなため、サイバーロードという種族を生かすこともできません。
ただ、スーパーエメラルの方はブロッカーを持っているためカツキングGANGのブロッカー破壊に引っかかってしまうというデメリットも一応あったりします。
……そもそもブロッカー能力は基本的にメリットなんですけどね。

では。

51弾カードリストが来ましたね

情報元はコロコロです。別に最近になってのことでもありませんが、やっぱり発売前にコロコロからカードリストが出るようになったのはありがたいですなぁ。

気になったカードの感想でも。

■《新聖綺神 クロスオーバー・ヨミ》
よく見たらこいつゴッドじゃなくてオラクリオンか。
もの凄く久々(前のは弾数一桁台の頃でしたか)な「単騎で強化」カードでありながら、その性能は過去のものとは違いかなりぶっ飛んでいます。
《ハングリー・ガントレット》や《雷刃 ブシドー・スピリット》辺りのクロスギアで除去能力を持たせつつ、単騎ぶん殴っていくのがやっぱり一番の使い方なんですかね。
なかなか尖ってて面白そうな1枚。

■《爆走マントラ シラヌイ》
純粋に強い。本人も効果範囲なので、最低でもSA持ちWブレイカーとして活躍できるというのはなかなか。
光臨を投げるも良し、手札補充から小型をばらまくも良し、オラクルの種族デッキもかなり強くなってきました。

■《神聖奇 トランス》
なんかワロタ。
多分通常デッキではロクに使われないと思うので、タワーにでも入れますか。
ただ、12000のTブレイカーはタワーだと強すぎて逆に入れづらいかもしれません。
とりあえずオラクリオンとトライストーンという変わった種族の組み合わせのカードなので、デトロイトとノウメンを抜いて種族タワーにでも入れてみます。

■《純白の翼 キグナシオン》
新種族ジャスティス・ウイングの人。S・トリガー付与というテキストからレア辺りかと勝手に思っていたのですが、アンコモンでしたか。
受け身な能力ですが、なかなか強力そうです。

■《一極両得 ナグール&カブール》
トリガーを失い、能力の完全発動に条件が付いた代わりに効果範囲が全体になった《慈悲と自愛のアシスト》。
あちらと同じく、次の自分のターンが来るまでずっとパワーが上がりっ放しなのを生かしたいところ。

■《埋没のカルマ オリーブオイル》
今弾屈指の良カード。「自分の山札回復」か「相手の墓地利用妨害」を選べる上に、最低限トリガーブロッカーとして活躍できるという。
とりあえずタワーには確実に入るカードですね。ルールとして「山札切れで墓地シャッフル」を設けていたとしても、あまりそれにばかり頼りたくはないですし。

■《代打の消耗 テンメンジャン》
懐かしの《憤怒の猛将ダイダロス》の種族変え小型版。レアリティもスーパーレアからアンコモンまで落ちてお手頃に。
きちんと死亡時能力クリーチャー等で周りを固めてやりつつ使えば、軽量6000のWブレイカーとしてかなり活躍できるのではないでしょうか。
懐かしの《飛行男》から、色を足して《猛菌霊騎ウィール》《幻獣賢者エレファウスト》を破壊しつつの連続攻撃など色々使い道がありそうです。

■《ビリビリ・ツイン・サンダー》
トリガー付《ムーンライト・フラッシュ》です。タワーにでも。
一応《青狼の始祖アマテラス》から打てる選択肢としてなくはないかも。

■《封魔神官 バニラビーンズ》
《究極男》に続く闇のコスト3パワー3000バニラ。闇入りバニラは流行るのでしょうか……?

■《血塗られた信徒 チリ》
ブラッディシリーズ最新クリーチャー……なのですが、それらの完全上位である《漆黒の守護者ハラッカダン》がいる状態でこんなん出されても嬉しくないです。
今回のハズレカード。いつの間にかブラッディシリーズもハズレ扱いされるようになったんですね……
闇入りデッキの序盤要因として《ブラッディ・イヤリング》が重宝されていた頃が懐かしいです。

■《ポッツーン》
トランスへの合体に混じれなかったことにより生き残れた奇跡のトライストーン。
これから先、トライストーンは一体どうなっていくのでしょうか……
デュナス、レンダンに続く3で4000バニラということで、緑系バニラデッキもいよいよ墳墓に強くなってきました。

■《双月怪鳥 パルプ・フィクション》
まさしく闇文明と自然文明を組み合わせました!と言わんばかりの個性的な能力が特徴。
タワーにどうなんですかね。

アンコモン、コモン辺りに味のあるカードや変なカードが多かった印象の弾でした。
沢山買うかはわかりませんが、面白そうな弾ではありますね。
では。

もう51弾情報が出る時期ですか

情報元はコロコロのようです。田園補完計画 第十七次中間報告書の記事より。

気になったカードでもいくつか。

■《無法神類 G・イズモ》
久々な気がするガッチガチのビクトリー。リンク外しを持つカツドンDASHがどのくらい使われるかわかりませんが、対抗手段のないデッキにとっては悪夢のような存在になりそう。
「バトルゾーンを離れない」の何が怖いって、置換効果による抜け道も存在しないところですね。《不死身のブーストグレンオー》のタイプのテキストです。

■《超閃機 ジャバジャック》
リキッド・ピープルにワロタ……というのはさておき、久々且つ強そうなリキッド・ピープル進化。
イラストがやたらはみ出していますが、スーパーレアなのでしょうか。テキスト結構地味なのに。

■《極限右神 オメガ》
6で6000のWブレイカーのブロッカーと、基本テキストがとてもシンプルなOMG右神です。
ゴッド・ノヴァOMGに不足気味だったコスト6のクリーチャーで、尚且つ堅実そうな能力です。
光のブロッカーなので《ヘブンズ・ゲート》で出すことも一応可能なので、天門とゴッドを組み合わせたデッキができるかもしれません。

■《散舞する世界 パシフィックR》
見たまんま「小さくて使い辛いNワールド」なクリーチャー。1ターン生き残らせないといけないというのが何とも。
なんとなく《天頂のゼロ・エッグ》にも似てる気がします。
相手の手札には干渉できないという部分は、メリットともデメリットともいえるでしょう。ただ、手札補充のできるデッキには入らないという点だけはそのままなのは微妙かもしれません。

■《邪帝右神 ブロック・パーディー》
《精霊聖邪ライジング・サン》と組み合わせろと言わんばかりの能力。一応それ以外でも「手札を減らさず出せる」カードとして使用することも一応できますか。
闇のエンジェル・コマンドなので、《ウェディング・ゲート》と組むのもよさそうです。

■《涙の卒業 プリン》
フレーバーテキストを読む限り、これでプリンシリーズも終わりとなる模様。
最近多い「出した時と攻撃する時」系のカードの1枚であり、《凍結の魔天ダイイング・メッセージ》の小型版とも言えます。(フリーズ系の能力ではなく、MtGでいう留置の方ですが)
タワーに入れても面白そうです。

■《純白の翼 キグナシオン》
新種族ジャスティス・ウイングを持つ軽量ブロッカー。リキッド・ピープル閃やヒューマノイド爆とは少し違う系統の種族でしょうか。

■《爆闘剣士 グレンモルト》
《勇狩の蛮人》と似た能力も持ちながら、テキストがまともな日本語に進化しました。バトルが任意なのも嬉しいです。
ヒューマノイドという謎種族を持っています。

■《戦慄の取引 ビッグ・パルサー》
初代パルサーと違いサイズが大きくなった上に効果がアタックトリガーになり使い辛くなりましたが、効果が任意になりました。
若干使い辛そうですが、コモンと出易いのでタワーに入れることにしましょう。とりあえず火単タワー水火タワーには確実に入ります。
他のカード次第ですが、51弾のトッキュー8は結構ビート寄りになるかも?

■《電脳無頼コバルト・ハルカス》
リキッド・ピープル/ビーストフォークという、兎に角優秀な種族の持ち主。
更に、パワーが3000もあるドロークリーチャーなので、色の合う攻撃デッキでは重宝されそう?
タワーの序盤要因としてもばっちりです。


■《阿弥陀ハンド》
闇版《ボルカニック・アロー》とでもいうべきカード。
《バブル・トラップ》と違ってトリガー持ちな上に破壊対象に制限がありませんが、手札に加えるのと焼却してしまうのとでは全く違う為、役割は異なりそう。
闇系の速攻デッキに入るのかな?闇エンジェル辺りにも入りそう。

■《四十日鼠 チョロチュー》
DM界の《執拗なネズミ》というべきカード。あちらと違いパワーアタッカーが故に全然打たれ強くなっていかないので、そんなに強くはなさそうな?

■《決闘準備完了》
《タイマンやろうぜ!》《夢うつつラッコルさん》《大集結!ドングリ軍団》の流れを汲む「パワー上げるけどプレイヤー攻撃禁止」S・トリガーシリーズの最新版。
パワー上昇値が低く2体選べるということで、今までのカードよりも更に防御的な印象のカードです。
自然単色のS・トリガーで2体「選んで」止めるのってもしかすると初?中々面白そうなカード。
タワーでもトッキュー8でも重宝されそう。


公開されている限りでも、コモン辺りにタワーに向きそうな個性的なカードが複数あるのが嬉しいですね。
トッキュー8的にも面白そうな弾になりそうな予感がします。
では。
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。