スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新枠《フェイト・カーペンダー》は超レアカード

新枠の《フェイト・カーペンダー》《スクランブル・タイフーン》は4箱に1枚程度の超レアカード!って書くとなんだか妙な気分ですね。
こんばんは、封魔カオスです。

一昨日発売の「最強戦略パーフェクト12」ですが、アウトレイジアルティメットパックとオラクリオンパックはそれぞれ4箱に1パック程度、シークレットのシノビパックは2箱に1パック程度なようで。
アウトレイジアルティメットパックに、水文明の墓地肥やしカード《フェイト・カーペンダー》《スクランブル・タイフーン》初の新枠で再録されましたが、これらは60パックに1枚程度の封入率ということに。わぉ。
しかも7枚入りの高価格パックなので、金額比として考えると更に酷いことに。《紫電城バルザーク》も同じですね。(コモンアンコモンが超低封入率ってのが面白かったので上2枚を取り立てて挙げましたが)

これは「大決戦オールスター12」のときの《ボルカニック・アロー》も同じですね。(今回は13パックなので前回以上ですが)
今回の《フェイト・カーペンダー》は今後も需要が伸びてきそうなので、新枠版が欲しかったとしても、別のときにまた再録してくれるでしょうけど。


《メンデルスゾーン》《王龍ショパン》もだいぶ良心的に再録されてるよなぁ……そういえば斬鬼の再録はまだなんですね。なんでなんでしょう?
なんかまとまりのない感想記事になっちゃいましたがこの辺で。では。
スポンサーサイト

おお更新頻度落ちてきた

※解説をチョイ書き直し、カード毎の項目を作りました。

更新頻度落ちてきましたね。それでも一昨年暮れ~去年始めにかけてよりかはかなりマシな方なのですが。

前々から案だけ出していた種族タワーの、余っていたカードのみで組んでみた版です。

■種族タワー(仮)(◆本体:単色各12枚、多色16枚、無色1枚 計77枚 ◆超次元ゾーン:6枚)

■光
界神オットー(コスモ・ウォーカー、ゴッド)
守護聖天タテブエ・ヤッホー(ガーディアン)
光器ベロチカ(メカ・デル・ソル)
光神龍ラル・スリーパー(アポロニア・ドラゴン、ハンター)
知力の求道者ガガ・シータ(メカサンダー、エイリアン)
ピュアエアリアル(シャイン・モンスター)
反骨鉄拳バーニアン(グレートメカオー)
交錯のインガ キルト(S・トリガー)(オラクル)
翡翠樹(スターライト・ツリー)
秘精機士マンモキャノン(キカイヒーロー、セイント・ヘッド)
神座の伝道師バーニアン(バーサーカー)
スーパー・スパーク(S・トリガー

■水
ガンリキ・インディゴ・カイザー(ブルー・コマンド・ドラゴン、ハンター)
大河海嶺K・アトランティス(サイバー・コマンド、リヴァイアサン)
アクア・サーファー(S・トリガー)(リキッド・ピープル)
蒼神龍ノース・グランデ(ポセイディア・ドラゴン)
アクア・バースター(S・トリガー)(リキッド・ピープル、オリジン)
ファンキー・ウィザード(マーフォーク)
一角魚(フィッシュ)
ハンター・クラスター(S・トリガー)(サイバー・クラスター)
ゼピメテウス(シー・ハッカー)
サイバー・ハンド(S・トリガー
転生プログラム(S・トリガー
スパイラル・ゲート(S・トリガー

■闇
凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ(デーモン・コマンド)
結杯の堕天カチャマサングン(エンジェル・コマンド、アンノイズ)
闘竜死爵デス・メンドーサ(ティラノ・ドレイク、ダークロード)
黒神龍オドル・ニードル(S・トリガー)(ドラゴン・ゾンビ)
ジェノサイド・カイザー(ブラック・コマンド・ドラゴン、ハンター、エイリアン)
ギガンデュラ(キマイラ)
次元院のシュバル・フルート(ガーゴイル)
深塊炎霊ロミュナス(ディープ・マリーン、ブレイブ・スピリット)
鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー(パラサイトワーム、デビルマスク)
デーモン・ハンド(S・トリガー
地獄門デス・ゲート(S・トリガー
怨念終結(S・トリガー

■火
ジャジャーン・カイザー(S・トリガー)(レッド・コマンド・ドラゴン、ハンター)
神羅マグマ・ムーン(アーマード・ドラゴン、ルナティック・エンペラー)
偽りの名 バルガ・ラゴン(アーマード・ドラゴン、アンノウン)
紅神龍バルガゲイザー(ボルケーノ・ドラゴン)
突風のゴーマッハ・スワン(フェザーノイド、ハンター)
次元院の研究員ピーカプ・ヤヌス(マシン・イーター)
禍々しき取引 パルサー(アウトレイジ)
ウッカ・リザード(デューンゲッコー)
JK軍曹チョキパン(ドリームメイト)
地獄スクラッパー(S・トリガー
ニンプウ・タイフーン
キリモミ・ヤマアラシ

■自然
超天星バルガライゾウ(アース・ドラゴン、フェニックス、サムライ)
王龍ショパン(キング・コマンド・ドラゴン)
母なる緑鬼龍ダイチノカイザー(グリーン・コマンド・ドラゴン、ハンター、エイリアン)
森獣妖精ポニーネイチャー(スノーフェアリー、エメラルド・モンスター)
地脈の超人(ジャイアント)
オニフスベダケ(バルーン・マッシュルーム)
突撃ウツボカズラ(ツリーフォーク)
竜舞の化身(ミステリー・トーテム)
ナチュラル・トラップ(S・トリガー
聖火のバスター・トラップ(S・トリガー
母なる大地(S・トリガー
父なる大地(S・トリガー


■虹
世紀末ヘヴィ・デス・メタル(クリエイター、ハンター)
霊王機ブルファリオン(アーク・セラフィム、グレートメカオー、グランド・デビル)
霊翼の宝アルバトロス(パンドラボックス、ゼノパーツ、ビーストフォーク)
甲魔戦攻ギリメギス(アースイーター、デーモン・コマンド、ビークル・ビー)
幻神ドッコイ(サイバー・ウイルス、ビーストフォーク、ゴッド)
鎧亜戦隊ディス・ピエロ(ロスト・クルセイダー、エイリアン)
永遠のジャック・ヴァルディ(スピリット・クォーツ)
雷炎賢者エイジス(グラディエーター、アーマード・ワイバーン)
電脳聖霊グラリス(エンジェル・コマンド、ゲル・フィッシュ)
電磁黙示マジェスティック・スター(ライトブリンガー、サイバーロード)
勇猛幻風グリタリス(レインボー・ファントム、ホーンビースト)
襲撃者ディス・ドライブ(リビング・デッド、ドラゴノイド、エイリアン)
戦略のD・Hアツト(ヒューマノイド、ヒーロー)
熱湯グレンニャー(ブルー・モンスター、フレイム・モンスター)
腐敗麗姫ベラ(スプラッシュ・クイーン、ゴースト)
雷撃と火炎の城塞(S・トリガー

■無色
ノウメン(トライストーン)

■超次元ゾーン
時空の勇躍ディアナ(アーク・セラフィム)
時空の剣士アクア・カトラス(リキッド・ピープル)
シルバー・ヴォルグ(ダーク・モンスター、ハンター)
時空の銃姫エイプリル(ダークロード)
時空の魔陣オーフレイム(フレイム・コマンド)
プロト・ガイアール(フレイム・モンスター、ハンター)

S・トリガー割合 23.4%(18/77)
投入種族 89種族
グリーン・コマンド・ドラゴン
クリエイター
ヒーロー
フェニックス
ブラック・コマンド・ドラゴン
ブルー・コマンド・ドラゴン
ルナティック・エンペラー
アポロニア・ドラゴン
エンジェル・コマンド
ガーディアン
グラディエーター
コスモ・ウォーカー
シャイン・モンスター
スターライト・ツリー
バーサーカー
メカ・デル・ソル
メカサンダー
ライトブリンガー
レインボー・ファントム
アースイーター
ゲル・フィッシュ
サイバー・ウイルス
サイバー・クラスター
サイバー・コマンド
サイバー・ムーン
サイバーロード
シー・ハッカー
スプラッシュ・クイーン
フィッシュ
ブルー・モンスター
ポセイディア・ドラゴン
マーフォーク
リヴァイアサン
リキッド・ピープル
ガーゴイル
キマイラ
ゴースト
ダーク・モンスター
ダークロード
デーモン・コマンド
デビルマスク
ドラゴン・ゾンビ
パラサイトワーム
パンドラボックス
リビング・デッド
アーマード・ドラゴン
アーマード・ワイバーン
ゼノパーツ
デューンゲッコー
ドラゴノイド
ビッグマッスル
ヒューマノイド
フェザーノイド
フレイム・コマンド
フレイム・モンスター
ボルケーノ・ドラゴン
マシン・イーター
レッド・コマンド・ドラゴン
アース・ドラゴン
エメラルド・モンスター
ジャイアント
スノーフェアリー
ツリーフォーク
バルーン・マッシュルーム
ビーストフォーク
ホーン・ビースト
ミステリー・トーテム
アーク・セラフィム
グレートメカオー
グランド・デビル
ティラノ・ドレイク
ドリームメイト
セイント・ヘッド
キカイヒーロー
ディープ・マリーン
ブレイブ・スピリット
ビークル・ビー
スピリット・クォーツ
ロスト・クルセイダー
アウトレイジ
アンノイズ
アンノウン
エイリアン
オラクル
オリジン
キング・コマンド・ドラゴン
ゴッド
トライストーン
ハンター


【解説】
なんか気づいたらデッキ進化連中が軒並み入ってなかったりしますが、タワー作り過ぎて不足しとるのです。許して下さいな。フンヌーとかも。
割とそんなに種族入れられなかった印象。持ってないから入れてないだけで、某ウルトラソウルとか種族増やす余地はそこそこありそうですけど。
現状だとルナティック・エンペラー投入がゴリ押し過ぎるんでそこもどうにかしないと。

一部カード解説
■《反骨鉄拳バーニアン》
このタワーの味。相手の場に少しクリーチャーが増えるとパワーが急上昇していきます。

■《凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ》
手札戻しの補助がなければ、ハンターかエイリアン宣言ぐらいでしか当たったことがありません。というかそれ以外宣言する気になりません。
なんかルールがヤバいことになってるらしいですが大丈夫なんですかね。

■《ガンリキ・インディゴ・カイザー》
ただただ単純に強いカード。ブルー・コマンド・ドラゴンがこいつしかいないので投入。ホワイト・コマンド・ドラゴンも非サイキックが出れば入れるのですが……
コマンドなので《結杯の堕天カチャマサングン》で除去されるので注意。

■《オニフスベダケ》《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》
前にも書きましたが、母なる~系で引っ張り出されて自爆するのが主な役目。
勿論出せたら強いですが。《転生プログラム》で出てくれればそのまま確定除去になったりするので、いざというときは《転生プログラム》を一か八か打ってみるのもアリです。

■《父なる大地》
《母なる大地》と両方入れてから「父大って母大の完全下位じゃね?」と気づきましたが、このタワーだと「マナが少ない状態でも世紀末HDMを引っ張り出せる」ということでちゃんと役割分担できてたり。

そういえば、一応完全上位や完全下位を発生させないようにしようと思ってるこのタワーですが、(手に入ったとして)某ウルトラソウルな彼を仮に入れたとすると、《突撃ウツボカズラ》の完全下位になってしまうんですよね。
まぁ、現時点でも《甲魔戦攻ギリメギス》と《ジェノサイド・カイザー》が完全上位下位みたいな関係になっているので、もう諦めた方がいいんですかね。
たまにタワーに入ってくる《シザー・アイ》のノリで行けばいいのかもしれません。

では。

ゴッド・ノヴァ

新種族ゴッド・ノヴァの登場により、いよいよ本格的に「ジャイアントとジャイアント・インセクトの裁定」が確実なものになっていきそうです。
流石に新しく《インガ・ルピア》なるゴッドサポートを出しつつ、ゴッドっぽいけどゴッドじゃないなんて妙ちきりんな種族出さないでしょうし。

ところで、明言したことがあったかは忘れましたが自分は最初アウトレイジMAXは「アウトレイジ関連だけれどもアウトレイジそのものではなく、当然アウトレイジサポートも受けられない種族」的な立ち位置の種族だと思っていました。グランド・デビルに対するディープ・マリーン、或いはサポートと被サポートの立場が逆で、オラクルに対するオラクリオンでも良いですけど。
自分で思いついたのではなく、ネット上で誰かがそう言ってたのを見て自分もそう思っただけなのですが、兎に角そのような考えでした。
そのため、「アウトレイジMAXもアウトレイジに含まれます」という裁定には最初違和感を通り越して怒りや憤り等の不快感を感じましたね。「それならなんでわざわざアウトレイジMAXなんていらん種族作ったの?アウトレイジの中に、能力発動にアウトレイジを要求するの作ればよかっただけじゃん」と何度も思いました。
ずっと前からある「ジャイアント・インセクトはジャイアントに含まれません」という裁定に対し一度も疑問を抱いたことがなかったが故に、今回の裁定に対する大きな拒絶反応が出たのでしょうね。

それと、暫くの間、公式サイトでの明言こそなかったものの「アウトレイジMAXはアウトレイジに含まれるけど、今まで通りジャイアントはジャイアント・インセクトに吹き生まれないよ('・c_,・` )」という裁定が続いていたのも不快感の原因かと。その時に潔く「アウトレイジMAXの登場に伴い、晴れてジャイアント・インセクトもジャイアントになりました!」と開き直って裁定を出していてくれれば、もうちょっと穏やかに言ったと思うのですが……と言いたいところですが、それはそれで「新カードの為に今までの裁定変えてんじゃねえよ!」と暴れていたかもしれません。
「進化クリーチャーはクリーチャーに含まれる」「究極進化は進化にも含まれる」「究極進化MAXは究極進化に含まれる」ってことを参考にして「アウトレイジMAXはアウトレイジに含まれる」という扱いをしようとしたんでしょうけど……

結局今回の謎の新種族「ゴッド・ノヴァ」も、わざわざ新しく作る意味がいまいち分からない種族なのですが、後々「ゴッド・ノヴァ専用サポート」が出て、ゴッド全般サポもそちらも受けられる的な種族になっていくんでしょうかね……。
とりあえず、いかにもゴッド・リンク復活に伴って作られた《インガ・ルピア》を出しながら、わざわざそのサポートを受けられないカードを出すとは思えませんので、これらの種族カテゴリ関連の裁定はこれで収束するんでしょうね。
強いカードが出てきてから後から「都合が悪くなったので旧裁定に戻す」なんてことはこれでし辛くなったでしょうし。

結局これらの混乱は、ドラゴンやコマンドのように「名前が完全に一致する種族のいない種族カテゴリ」だからこそ「種族に~~とある」を省略しても成り立っていた表記方法を、「名前が完全に一致する種族がある種族カテゴリ」でも押し通そうとしたのが原因なんですよね。
もう今回は(おそらく)裁定が固まったが故にこれ以上の混乱はないでしょうけど、これ以降はこのような混乱を招く裁定や表記を作らないでほしいですね。

結局この手の裁定の経緯は

初期: フィッシュとゲル・フィッシュ、ジャイアント・インセクトとジャイアントが存在したが、種族に関するカードが少なく、問題はなかった

闘魂編: 「ドラゴン」という表記が初登場。ただし、「ドラゴン」は種族ではないと明言され、それと同時に、フィッシュとゲル・フィッシュ、ジャイアント・インセクトとジャイアントは全くの別物だと定義される。

聖拳編:「ドラゴン」表記を「種族にドラゴンとある」に改正

不死鳥編: 「種族にドラゴンとある」が再び「ドラゴン」表記へと簡略化

戦国編: ジャイアント・インセクトはジャイアントでないことを再定義

覚醒編: 「コマンド」登場

E2とE3の境目前期: アウトレイジという種族があるにも拘らず「種族カテゴリとしてのアウトレイジ」登場一方ジャイアント・インセクトとジャイアントの裁定はそのまま

現在: ジャイアント・インセクトもジャイナント扱いに


やっぱり最後の方で色々おかしいことになってるんだよなぁ……もう受け入れましたけど。ただ、この新裁定で続けていく場合「単一の種族としてのジャイアントやアウトレイジを名指しするカード」を仮に出そうとした場合、表記方法に困りそうなんですよね。まぁ、いっそのこともう未来永劫そのようなカードは出さないってことなら何も問題はないわけですし。
今まで「ジャイアント単一を指すテキストとして出されていたカード」の全てが「ジャイアントという種族カテゴリ」を指すようになった今、片方の種族名がもう片方の種族名の一部に入っている場合、無理矢理にでも両方を含むテキストのカードとして出していくこととなるのでしょう。
アウトレイジ進化もアウトレイジMAXから進化できるんでしょうし。


ただ、なんか《光器ペトローバ》等の「種族を一つ選択する」カードを使う場合でも「種族カテゴリを宣言している」という扱いになるという裁定が各所で出てるようなのですが、こちらは全く理解出来ないんですよね……
早く裁定覆らないででしょうか。「種族をひとつ宣言するというテキスト」の中にあるからジャイアントやヒーローを宣言したとき種族カテゴリって言いたいんでしょうけど、これで宣言してるのって「種族カテゴリ」じゃなくて「種族」なんですけど……
クレームじみたしつこいルール質問を繰り返せば覆りますかねぇ……。流石にこれは日本語としておかしいと思うんですけど。

タワーのレシピアップでもないのにずいぶん長い記事になってしまいました。
それではこの辺で。では。

そういえば

昨日の記事
今後、カードテキストに書かれた「種族名」または「種族名の一部」は、「種族に○○とあるクリーチャー」として扱われます
という神裁定を取り上げましたが、「ひとつの種族を宣言する」系のカードを使う際は、今まで通りってことでいいんですかね……?

例えば《光器ペトローバ》や《トラップ・コミューン》で「ジャイント」を宣言するときは、「ジャイアントという名称カテゴリ」を宣言している訳ではなく、あくまでも「ジャイアントという種族」を宣言してるという今まで通りの解釈を続ければいいんですよね?
あくまでも今回の裁定変更は「テキスト内で種族名らしきものが出てきた場合はそれを、種族に○○とあるクリーチャー と扱う」というだけであって、種族としてはジャイアントとジャイアント・インセクトは別々の種族のままですし。
テキストにも「種族をひとつ宣言」と書いてあるだけで「種族カテゴリを宣言」することはできない筈(「ドラゴン」とは宣言できないのと同じ)なので、種族宣言系は今まで通りってことですよね。

これで合ってるとは思いますが、公式からの正式な解釈が欲しいところです。
とりあえず、ドルゲーザ兄貴やベニジシ蜘蛛、スナイプ蚊の株が上がりそうですね。
《シャムシャム・カブキリ》も割と悪くはなさそうな。上手く使わないと気づいたら自爆してますが。
前に巨人タワー作ろうとして挫折したのですが、巨人&巨大虫タワーとかどうでしょうかね。緑色になりまくりですが。
非進化インセクトの多色としては、《翔天鎧冑ビトッチ》や《封魔鎧冑バリエル》がいますし……ってあんまりいませんね。
インセクト進化の《機動鎧冑ゼノメノン》は流石に無理でしょうけど。
ジャイアント単体だとかなり心許なかった低コスト帯が補えますし、悪い企画ではなさそうです。
惜しむらくは、ジャイアントもジャイアント・インセクトのどちらも、タワー向きのS・トリガー獣が少ないんですが……どちらも古い種族なので種類が少なくはないことと、タワー向け獣がチョイチョイいるのが救いでしょうか。

こうやって浮かれているうちに、気づいたら再度裁定変更が為されていたりしないといいですが。旧来プレイヤーから見たら違和感のある裁定なのは覆しようのない事実ですし。
ころころ裁定を変えてきてほしくはないので、無理矢理にでもこの裁定で落ち着かせてほしいものですが。

《無重力ナイン》やアウトレイジ進化が予想以上に暴れ始める→旧裁定に戻そう

とかそういうのは勘弁ですよ?そんなご都合主義やめてよ?
今日はこの辺で。では。
タワー色々考えてると《スナイプ・バグ》の需要がヤバいです。

裁定変更!やったー!

ついぞ日本語が不自由になったかと思われていたデュエル・マスターズ裁定陣ですが、裁定変更により無事日本語をマスターしたようです。


ゲームをより分かりやすくするため、カードテキストに書かれた種族名の扱いを整理させて頂きます。
今後、カードテキストに書かれた「種族名」または「種族名の一部」は、「種族に○○とあるクリーチャー」として扱われます。

このルール裁定は「アウトレイジ」だけではなく、「ドラゴン」や「ジャイアント」などにも適用されます。


おめでとうジャイアント・インセクト!今日から君達も立派な「ジャイアント」だ!
正直ジャイアント・インセクトはかなり地味な種族だったので、これくらい良いですよね。

正直なところ、虫が突然巨人に進化したりと雰囲気的には違和感バリバリの裁定変更ですが、ちょっと前までの日本語的な違和感よかだいぶマシです。

《剛撃戦攻ドルゲーザ》がだいぶ強化されましたね。
ジャイアント・インセクトにはコスト1がいたり、コスト3の選択肢がそこそこあったりしますし。

《スナイプ・モスキート》《レベリオン・クワキリ》《タイラント・クワザリ》《ウイングアイ・モス》《ベニジシ・スパイダー》等の強力(或いは個性的)なジャイアント・インセクト達をカードボックスから引っ張り出しましょう。
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。