スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

47弾セブン・ヒーローVerの封入率が判明したようです

昨日の時点でとっくに情報回ってましたけど。47弾「グレイト・ミラクル」に7種のカードのうち1枚が追加で封入されている「セブン・ヒーローVer」の封入率が判明したようです。
完全新規カードである2枚は出易く設定されているようですが、逆にプロモ再録組はかなり出にくくなっているようです。
リンク先を見ればわかりますが、具体的には
弥勒,キューブリック 各4枚
C-boy,カーリ・ガネーシャ 各2枚
レオ,子供,フォーエバー・プリンセス 各1枚

といったところだそうで。結構偏りが激しいです。
これまでの所謂「+1DREAM」系の商品は追加枠が3枚で欲しいカードが比較的出易くはありましたが、今回は顔ぶれが豪華とは言え7種類。
新規カード目当てならば十分買う価値はありそうですが、逆に再録プロモ狙いの場合はわざわざ買うかどうかは微妙なところです。
闇無しデッキでも手札破壊が見込める弥勒は結構面白そうなんですけどね。とりあえず自分は保留にしておきます。

フォーエバー・プリンセスのみが目当ての人の購入がかなり控えられることとなりそうです。何故こんなことにしたし。



【その他】
特殊ルール好きながら全く自分で特殊ルールを思いつけない自分な訳ですが、結局今回も特殊ルールを思いつけず、なんか過去に誰かがやっていたことを掘り起こせない探ってみました。
すると、3年ほど前にもんそーるさんが企画していた「単色ハイランダー」を思い出しまして。
こちらは「無駄に構築に縛りを付けたデッキで通常デッキに挑む」といったもので実際に割と勝率を稼げていたようですが、「それ同士で戦う」限定構築戦ってどうなのかなと思ったり。
超次元も(かなり偏ってますが)出た当初よりは幅が増え、無色カードも出た今やると結構面白くなる……かも?
《ドンドン吸い込むナウ》等、山札や墓地の他文明のカードを参照するタイプのカードが軒並み死にますが。

以下完全妄想ルール案
■デッキは、超次元ゾーンを含めハイランダー(全てのカードを1枚しか入れられない)とする。
■文明を一つ選択し、通常デッキ内にはそれ以外の文明を持つカードを入れることはできない。
→無色カードは有り(各文明の苦手な分野を補える為。ただし、没個性化が不安)
→超次元ゾーンは文明縛り無し。(暫定。雰囲気重視ならその文明のみとかになりそうですが、色々な文明出せるカードや、そもそも多色のサイキックも増えてきたので。オレドラゴンに規制をかけるか等議論の余地有り)
→無色カードの枚数に制限はないので、「無色単」も一応可能。ただ、下に記載するルールにより現在のカードプールだと実質不可能

このままだとマナブーストからゼニスを出せる自然文明が強くなり過ぎそう&結局ゼニスがフィニッシャーとなり没個性化 ということでmelkiss063さんがプレイしているという「本山式DMEDH」から次のルールを拝借することにします。

■種族にゼニスを持つカードは1種類しか入れることができない。

そちらでは更に《「智」の頂 レディオ・ローゼス》の禁止が制定されていますが、こっちだとどうなんだろう……

他にも、今思いついたんですがこんなのも面白そうな。

■デッキに入れる文明を一つ選ぶ代わりに「多色」を選択してもよい。そうした場合、通常デッキには多色カードと無色カードのみを入れることができる。

5文明に続く第6の選択肢「多色」。フルレインボーデッキって1回は作ろうと思ったことありません?「虹単」という無理矢理な概念を作り無理矢理参戦させられないかなと。
無色カードも入れられるので、序盤の色揃えを過ぎれば結構スムーズに動きはじめそうな。



このルール内における各文明の動きの妄想でも。

■光文明
ブロッカーを並べたり墓地の呪文回収、タップキル等は得意ですが、純粋な手札補充や除去は苦手な文明です。
一旦覚醒すると無敵レベルの《時空の雷龍チャクラ》が使えるのが強みの一つになりそうです。
《グローリー・スノー》、《ゲット・レディ》、《真実の名 ホワイト・オブ・ライオネル》が重要になりそうな。
melkiss063さんのDMEDH用の白単デッキの経験曰く、《霊騎ソール・デナン》がなかなかいい仕事をするそうな。
合いそうなゼニスは《「智」の頂 レディオ・ローゼス》《「無情」の極 シャングリラ》辺りでしょうか。

■水文明
《ツイート》のお陰で少しは組みやすくなったかもしれません。
「サイバー速攻」と「得意の手札補充でコントロール」の大きく分けて2つのデッキタイプが思いつきますね。
コントロールにすると超次元へのアクセスが一番苦手なのが少し厄介ですが。
合いそうなゼニスは手札が多いと有利な《獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ》かな?
手札補充が豊富なので《戦慄のプレリュード》が使いやすそうです。

■闇文明
もんそーるさんの「くろらんだー」でおなじみの手札破壊大好き文明。変わった形ですがドローも他の文明よりかは出来たり。
超次元へのアクセスはかなり得意な方であり、オレドラゴンを狙える文明なのも強みになりそうです。
合いそうなゼニスは《黒神龍オンバシ・ラオーン》と相性の良い《「戦慄」の頂 べートーベン》や、デーモン・コマンド中心だと強い《「謎」の頂 Z-ファイル》辺りでしょうか。

■火文明
コントロールがもっとも苦手な文明と名高い熱血主人公文明です。
スピードアタッカー等速攻向けのカードが多いので、素直に赤単速攻を組みに行くのが無難かもしれません。
コントロール方面に頑張って持っていこうと思うなら、コスト軽減やチャージャー呪文で頑張りましょう。
手札補充はとことん苦手でサーチ系や「シールドを手札に」系ぐらいなのが結構辛め。(経験談)
ドラゴン大目にすればどうにか……なるかも?無色カードも絡めてがんばりましょう。
超次元へのアクセスは最も得意な文明なので、オレドラゴンを狙っていったり、どうにか工夫してシンカイヤヌスを扱うのも良いかもしれません。ドローにもなりますし。
合いそうなゼニスは《「智」の頂 レディオ・ローゼス》《「戦慄」の頂 べートーベン》辺りでしょうか。

■自然文明
言わずもがなマナ加速の文明。ゼニスでなくとも高コスト中心の無色カードなどに届きやすく、結果的に色々なことができそうな。
手札補充も不器用ながら《ハッスル・キャッスル》《口寄の化身》と有名どころがありますし、《破界の右手 スミス》等で高パワーを用意できれば《ウイングアイ・モス》《ビッグ・パン・ダディ》も使えます。
一応《時空の支配者ディアボロスZ》を狙えるのも強み。
合いそうなゼニスは増えたマナを生かせる《「智」の頂 レディオ・ローゼス》が一番ですね。

■多色
無色カードがアンタップ状態でマナに行くとは言え、どう頑張っても自力では行動が3ターン目以降になるのが欠点です。(2ターン目に無色カードを置いて2コスカードを使おうとしても、色が足りない)
カードパワーは必然的に他5つより高くなるので、上手く組めれば長期戦では無敵かも。
強くなり過ぎそうだった場合この選択肢はなくなってしまうかも。火単速攻のカモになりそうなのが欠点ですが。


とりあえずこのルールだと《真実の名 白金の鎧》とかが強くなりそうです。
ドラゴンの入らないデッキでも《運命》を無理矢理「打てれば5ドロー出来る呪文」として入れることもできそうな。

試しに2つ程作って戦わせてみましょうか。本当に面白いかな。
では。
スポンサーサイト

思いっきり出遅れましたが

コスト軽減能力に関する裁定変更が最近行われたようですね。
コスト軽減における能力における上限について(どうでもいいですがこの裁定変更のページ、タイトルにおける日本語における違和感を感じる気がする……)

主に《コッコ・ルピア》とその他のコスト軽減系、或いは《戦慄のプレリュード》《ゼロ・ルピア》《「頂」の使者 ゴールデンK》のような軽減上限のないタイプの軽減系とそれまでの軽減系の間で問題になる話ですね。
(順に挙げていってて気づいたのですが、《偽りの王 ヴァルトシュタイン》って純粋なゼニス軽減なのに上限1なんですね……何故に?)
今までは「上限がきつい方→上限が緩い方」の順で解決していれば「最終的に適応されたのは上限が緩い方」ということで低い方までコストを下げることができましたが、「コスト軽減の限界は常在型能力かつ強制のため、範囲となるクリーチャーは全てその制限を受ける」という裁定に変わったようですね。

つまり
■旧裁定
《念仏エルフィン》+《コッコ・ルピア》がいる状態での《紅神龍メルガルス》の最低コストは「1」

■新裁定
《念仏エルフィン》+《コッコ・ルピア》がいる状態での《紅神龍メルガルス》の最低コストは「2」(《コッコ・ルピア》のコスト軽減の上限「2」が適応される為)

ということらしいです。
とりあえず最近ドラゴンデッキを組まなくなって減っていた《コッコ・ルピア》の使用頻度がさらに下がりそうです。

短いですが今日はこの辺で。なんかどうやら春休み中にサイト本体の更新はできなさそうな気がしてきました。
では。

《堂々終劇 鬼丸「End」》

ちょちょいと《堂々終劇 鬼丸「End」》をアンノイズタワーで使ってみた感想など。

能力自体はそこまで弱くない印象。「ゼニスの入ってるタワー」で使ってるので能力が強く見えるのは当たり前なんですけどね。
ただ、言われてる通り通常デッキだと、コスト7と低くはないコストであるこのカードをわざわざ入れるかと言われれば微妙かもしれませんね。
現状暴れ回っているゼニスのメタということで刺さると厄介そうではありますが、除去体制を持たないクリーチャーということで、少し時間を稼ぐだけで終わってしまうことも多そうです。
ゼニスのないデッキ相手にはただの7で7000のWブレイカーですし、ゼニスの入っているデッキ相手でも先にゼニスを出されているとあまり機能しないという体たらく。
一応バトルでゼニスを倒しつつ、エターナル・Ωで手札に戻ったゼニスを封じたりもできますが……アンタップキラーが付いてる訳でもないですし、除去された場合、再び出されてしまうのが辛そうなところ。
まぁ、タワーに入れる分には(一部の)大型クリを封じられる中大型クリーチャーとして丁度いい強さなんですけどね。
下手に除去体制とか持ってたらゲームバランス的な意味で入っていなかった可能性もありますし。付録カードを下手に強くされるのも考え物ですし。

【ゼニスメタ妄想】
この記事で「E3に入ればゼニスメタもきっとたくさん出るだろう」と書きましたし、折角なのでこれから出て欲しいゼニスメタカードの妄想でも。
初代ゼニスメタこと《堂々終劇 鬼丸「End」》があまり使われなければ、以降出る(と信じたい)ゼニスメタカードもより効果的なものが増えていくでしょうし。

■ゼニスメタ以外の効果・役割も持つ
サイキックメタのカードでもこれが重要だったわけでありまして。
《蒼神龍アイローニー・スパイラル》《希望の親衛隊ファンク》(サイキック以外にも能力が影響)や《ミスター・アクア》(S・トリガー付ブロッカーとして最低限の役割は果たせる)みたいな感じで。
《堂々終劇 鬼丸「End」》があまりいい評価を受けていないのもこれが原因でしょうし。(例えばアンタップキラーを持っていれば、ゼニス相手でなくてもそちらの活躍ができ、ゼニス相手のパワー上昇も生かしやすくなりましたし)

■ゼニスオールハンデス
超次元システムに対する《拷問ロスト・マインド》的な。テキストに明記されていなくともロスト・マインドはどう考えても超次元メタカードの一角だった訳ですし。
ただ、深く考えなくても「ゼニス入りデッキの割合<<<呪文入りデッキの割合」なので、ロスト・マインドのようにそれしか効果を持たない呪文だったりすると確実に腐るので、そうでないカードにしてほしいところ。
ブロッカー付きのクリーチャーの出したとき能力に付いていたりすると丁度好さそう?

■エターナル・Ω封じ
《堂々襲撃 鬼丸「End」》では若干中途半端だった感のある場のゼニスへの対処の一つの形。
「誰も自分のクリーチャーの「エターナル・Ω」を使えない」みたいなピンポイント且つゴリ押しなテキストでもいいですし、「バトルゾーンを離れるクリーチャーは、そのゾーンの代わりに墓地に置かれる」みたいな常在能力を持った何かのカード(システムクリとか城とか)を出してもいいでしょうし。
《キャノンボール・スリング》のようにメタモーフで置換効果を発生させる呪文もいいかもしれません。
例えば

《デーモン・スモーク》
コスト5 闇文明 呪文
◆S・トリガー
■相手のタップされていないクリーチャーを1体破壊する。
■メタモーフ
MM-相手のタップされていないクリーチャーの代わりに、相手のクリーチャー1体を破壊する。

みたいな。ただ、メタモーフ自体がすでに過去のものとなった能力ですが、最近になってS・バックが出たりしているので可能性はゼロではない筈。
凄く低いでしょうけど。


ということで、願望丸出しの妄想記事でした。
サイキックメタ出しまくってサイキック環境に強引に終止符を打ったように、ゼニスメタもある程度出してほしいと思います。(行き過ぎはよくないですが)
では。

改訂第三版 フルホイルタワー

もんそーるさんの「寄せ集め!ゴージャスタワー」をパクリ参考にしたタワーこと「フルホイルタワー」。
47弾でS・トリガー持ちのMODE→CHANGEカードが出たということで久々にいじってみました。

最初に作った版、昨年の終わりにちょっといじった版に引き続き3回目の改造。
といっても去年の終わりにいじった時と同じく一部が変わった程度ですが。


■タワー「【完全上位】改訂第三版 フルホイルタワー【完全下位もあるよ】」

■光文明
雷珠の求道者ラ・バルザ(S・トリガー)
偽りの名 バッファ・ロデオーレ
栄光の精霊アイリス
天武の精霊ライトニング・キッド
神門の精霊エールフリート
援護の守護者キュマノミー(S・トリガー)
ピース・ルピア
ガガ・ピカリャン
ホーリー・スパーク(S・トリガー)
スーパー・スパーク(S・トリガー)
バリアント・スパーク(S・トリガー)
魔弾グローリー・ゲート

■水文明
サイバーX・ザナドゥ
電脳大河バタフライ・ブランデ
アクア・サーファー(S・トリガー)
エンペラー・ギュルム
神帝アナ
ミラー・エッグ
キューティー・ハート(S・トリガー)
クゥリャン
エメラル
デプス・ノーブル
ドンドン吸い込むナウ(S・トリガー)
転生プログラム(S・トリガー)

■闇文明
残虐覇王デスカール
悪魔神グレイトフル・デッド
神帝アージュ
蒼黒の知将ディアブロスト
神帝ヴィシュ
ルナー・クロロ
神帝ムーラ
天頂開戦ゼニス
バイオレンス・ヘヴン
デーモン・ハンド(S・トリガー)
魔弾アルカディア・エッグ(S・トリガー)
怨念集結(S・トリガー)

■火文明
国士無双カイザー「勝×喝」
インフィニティ・ドラゴン
爆裂マーズ・ギル・ヒドラ
紅神龍バルガゲイザー
GENJI・ボーイ
爆獣イナバ・ギーゼ
ハンマー野郎 オニドツキ
弾け山のラルビン
ポップ・ルビン
地獄スクラッパー(S・トリガー)
超爆デュエル・ファイアー(S・トリガー)
クリムゾン・チャージャー

■自然文明
封滅の大地オーラヴァイン
禁門の超人
応援チューリップ
斬雪妖精バケット・バケット
誕生の祈
森の指揮官コアラ大佐
怒髪の剛腕
大群の桜
ナチュラル・トラップ(S・トリガー)
母なる大地(S・トリガー)
母なる紋章
父なる大地(S・トリガー)

■多色カード
邪神R・ロマノフ
魔光大帝ネロ・グリフィス
猛菌霊樹レインバレル
魔光死聖グレゴリアス
邪眼獣ヤミノディヴィジョン
両断のスカルセドニー
魔光騎聖ブラッディ・シャドウ
機械提督デリンダー
鬼面王機ボーンキラー
へヴンとバイオレンスの衝撃(S・トリガー)

■無色カード
真実の名 アカデミアン
逆転王女プリン(S・トリガー)

■超次元ゾーン
時空の尖塔ルナ・アレグル
時空の斬将オルゼキア
時空の脅威スヴァ
時空の剣士GENJI・XX
時空の翼マスター・ルピア
時空の豪腕ジャパン


S・トリガー率 26.4%(19/72)
「種族にドラゴン」 4.2%(3/72)
「種族にサイバー」 13.9%(10/72)
「種族にコマンド」 18.1%(13/72)


■相違点
光器リュドミーラ→援護の守護者キュマノミー
キング・マゼラン→ドンドン吸い込むナウ
チェン・アイニーXX→ハンマー野郎 オニドツキ
なし→真実の名 アカデミアン
なし→逆転王女プリン

【解説】
※前回までと表記の順を変え、各文明内では「コスト順」だったのを「クリーチャーコスト順、呪文コスト順」に変えました。
《真実の名 アカデミアン》はそういえば《キング・マゼラン》のほぼ完全上位なんだよなー。ということでマゼランをアカデミアンにし、激戦区である水文明のスペースを開けるところから今回の改造がスタートしました。
空いたスペースにS・トリガーである《ドンドン吸い込むナウ》を。《援護の守護者キュマノミー》《ハンマー野郎 オニドツキ》はそれぞれ使いづらかったカードと交代させました。
更に、無色かつS・トリガーとタワーを作るうえでとっても便利な《逆転王女プリン》もMODE→CHANGEがあるということで投入。本当に便利です。

それでもまだまだ満足のいくS・トリガー比率ではありませんが、かなりマシになってきたと思います。全体枚数の増加に伴い、他の部分が酷いことになっていますが……


今日はこの辺で。では。

テーマなし66枚タワー

何の脈絡も……なくはないですが、47弾のカード入りタワーです。
47弾タワーをアンノイズタワーの為に崩した跡から作ったもの。ちょっと前のカードとかで、タワーでの使用感を試してみたいカードも少々。

単色カード各12枚、多色3枚、無色3枚の計66枚のタワーです。超次元はありません。

■テーマなし66枚タワー
■光文明
絆の戦士ラプソディ
守護聖天タテブエ・ヤッホー
天武の精霊ライトニング・キッド
神門の精霊エールフリート
迎撃の守護者エビンビー(S・トリガー)
怪盗パクルパン
援護の守護者キュマノミー(S・トリガー)
予言者カーラ
仰天の守護者マモ・ミステール
白騎士の絶対防御マッコル(S・トリガー)
予言者クルト
ヘブンズ・ダブルテイル(S・トリガー)

■水
キング・ラングレー
アクア・サーファー(S・トリガー)
アクア・PTA 2
アクア・バースター(S・トリガー)
シンウッチ
フォーチュン・ボール
ファンキー・ウィザード
アクア・ハルカス
アクア・スーパーエメラル
弾丸透魂スケルハンター
サイバー・ハンド(S・トリガー)

■闇
ギャンブル将軍ゴーサウザンド
結杯の堕天カチャマサングン
衰弱秘宝デッドリーン
砂場男
礼装の堕天チュラロリエス
玉男
卵胞虫ゼリー・ワーム
ヤミノカムスター
デーモン・ハンド(S・トリガー)
奈落のニャンコ・ハンド(S・トリガー)
怨念集結(S・トリガー)
プライマル・スクリーム(S・トリガー)

■火
アックス・ドラゴン
猛神兵マキシムドボン
早撃人形マグナム
獣鬼イッキとクマサン
ブレイブハート・ドラグーン
旋風の闘士ヴィンジャー
JK軍曹チョキパン
地獄スクラッパー(S・トリガー)
ルーレット・ビーム(S・トリガー)
ミサイル・バーストG(S・トリガー)
ニンプウ・タイフーン
キリモミ・ヤマアラシ

■自然
土用の超人
緑神龍ジオブリード
斬雪妖精バケット・バケット
霊騎ラグマール
夢うつつラッコルさん(S・トリガー)
霊騎デュナス
突撃ウツボカズラ
森の指揮官コアラ大佐
覚醒するブレイブ・ホーン
ボンバー・サツマゴワス
ナチュラル・トラップ(S・トリガー)
父なる大地(S・トリガー)

■多色
血風聖霊ザーディア
鎧亜戦隊ディス・ピエロ
鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス

■無色
破界の右手 スミス
逆転女王プリン(S・トリガー)
ノウメン

S・トリガー率 27.3%(18/66)

【解説】
47弾タワーでタワー向けだと感じた《絆の戦士ラプソディ》《キング・ラングレー》《土用の超人》を使いつつ、前々からあるカードも多く入ってるタワーを組もうとしてこうなりました。
思いついたカードを入れることを優先したためちょいとS・トリガー率が心許なくなってしまったので、このタワーをいじる際はそこをどうにかしたいところ。
あと、ベリーレア以上が入ってないのも特徴かもしれません。プロモ系は入っていますが。

入れてみたいと思っていたカード
■《砂場男》
「条件付墓地回収」はタワーでは場合によって腐ってしまうためハズレカード化しがちですが、ちょっと使ってみたかったので無理やり投入。
一応コイツの為にクルト、ヴィンジャー、デュナス、ノウメン、スミスとコスト1~5のバニラをそれぞれ入れ、更に墓地にカードが落ちるカードも何枚か投入してたり。
例えば普段は《リバース・チャージャー》を入れる部分が《プライマル・スクリーム》だったり。

■《鎧亜戦隊ディス・ピエロ》
文明が大きく変わりブロッカーじゃなくなった代わりにスペース・チャージし易くなった《知力の求道者ガガ・シータ》とでも言うべきカード。
この手の「手札を1枚調達するスペース・チャージ」って、結局手札を減らさずマナを貯められるようになるだけで、派手なアドもいやらしい効果も何もないんですよね。
個人的には水文明でしかチャンスがないガガ・シータよりこっちの方が5文明全て入ってるタワーでも使いやすいかなーと。
つい最近になって思いついたんですけどね。ちょっと前に「エイリアンタワー」に挑戦(一晩で崩しました)したときに気づきました。

■《破界の右手 スミス》
パワーが1000低い代わりにバニラサポートを受けられるようになった《死海竜》です。
このタワーでは素のパワーが最高かつ《砂場男》から出せるということで思った以上に活躍してくれます。


今までタワーに入れたことのなかったカードも何枚か、タワーに向いてそうだということがわかって満足でした。
では。
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。