スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄記事を書きまくる

そういえば先程の記事で書き忘れてましたが、テスト終わりました。どっちの意味での「終わり」かは、結果が分かってからのお楽しみ(と言っても、分かるのは9月になりますが)。

【デッキビルダー感想】
■相変わらずカードはぐちゃぐちゃに入ってる
「カード整理をしましょう」ってことなんですけど、相変わらず見づらいなぁ。
一応「全部のカードがちゃんと入ってるか」の確認はする派なのですが、ビルダーについてるカードリストの順番が意味不明でまた見づらい……
自分は基本的に右下のカード番号を基準に整理したがるので。限定→レア→アンコモン→コモンな感じで。

■(今更ながら)収録枚数が意味不明
ガンバ勝太編は割と普通ですが、キラリレオ編が地味に酷い。
限定カードをそうそう安売りできないというのは何となくわかりますが、それでもデッキの基盤となり得る《絶叫の影ガナル・スクリーム》と《黒神龍アバヨ・シャバヨ》が2枚ずつってのは流石にどうかと。
《黒神龍ギランド》が2枚ってのもなんか中途半端なイメージが。沢山持ってるので自分は4枚も要りませんが。
普通に使い道がありそうななさそうな《サイバー・R・コンストレイション》がたった1枚ってのも何だか寂しいです。


【タワー】
折角デッキビルダーでアクアバースター、スパゲー、クロックタワーが新フレームで再録されたので、マリンタワー内のそれらも新フレームに変えようかと。かなりどうでもいい話ですが。
ちなみに、前回から

グレート・リンク・テクノロジー→封魔ベルアリタ
電磁麗姫ジェリー→封魔グレミー

と内容を変えました。コスト5が減ってコスト4が増えてしまったのでその辺のバランスをどうにかしたいところです。

では。テスト終わって気が抜けたのか変な記事ばっかりです。
夏休みに入ったので、そろそろサイト本体更新しなくては。
スポンサーサイト

今回の殿堂入りについてとか

自分の大学は何故か、昨日が学校有りで今日が休みだったんで火曜日なのにブログ更新です。

8月11日から施行される新殿堂について、今回は「制限のかかったカード達」に不満を持つ人は少ないようですが、「制限のかからなかったカード達」に対する不満は結構大きいようで。
まぁ、不満の対象は主にある一種類のカードなので、「制限のかからなかったカード達」というより「あるカードの制限放置」と言った方が正しいでしょうが。

まぁ、そのカードってのは勿論《ヴォルグ・サンダー》のことでして。
新たなプレミアム殿堂超次元コンビのおかげで「紅蓮ゾルゲ」という理不尽即死無限ループコンボこそいなくなりましたが、それ以前から存在した「ザビミラヴォルグ」に対する規制は全くないという状態でして。
紅蓮ゾルゲに比べればデッキによっては即死ではなかったり、準備が大変だったりとそこまで酷いものではないらしいですが、やはり「大会レベルの山札破壊デッキ」が存在し続けるのは如何なものかと。

元々《復活の祈祷師ザビ・ミラ》も《ヴォルグ・サンダー》も「サイキック・リンク(及びその補助)」をウリとしたカードであって、少なくともザビ・ミラは山札破壊デッキを作らせるためのカードの筈ではなかったと信じたいのですが……
規制がかかるまでは、これらのカードが「組み合わせて使う凶悪な山札破壊カード」としての役割を失うことはそうないでしょうね。


ということで、ここから先は「このコンボが規制される時が来たら」の妄想です。実際「プレミアム殿堂超次元コンビ」や「ただの殿堂」と色々選択肢がありそうな感じですし。

■《復活の祈祷師ザビ・ミラ》殿堂入り
ザビ・ミラにとっては完全にとばっちりですが。
結局《ヴォルグ》が4枚入れられることには変わりはないので、1枚のザビ・ミラを頑張って出す「1枚制限時のキリコデッキ」みたいな感じになってしまいそうな。
踏み倒しがかえって充実しつつある進化クリーチャーでなかったり、紋章が禁止になっていたりと、キリコよりかは使い辛そうですが。
とりあえず、こうする理由があまり見当たらないですね。

■《ヴォルグ・サンダー》殿堂入り
割と平和な感じでしょうか。どうしてもヴォルグで山札破壊がしたいなら
ヴォルグ出す→自らの手で破壊→ホールとかでヴォルグ出す
を真面目にマナを支払いつつ繰り返すデッキを作るという方向でいけそうですし。
ザビ・ミラは本来通り「ガロウズデビルとかシャンメリーとかを目指す」デッキで使うことになるでしょうし。
呪文デッキへのけん制として1枚しか入れられない《ヴォルグ》を入れることにはなるでしょうが。ヴォルグ・ティーガーへのリンクも良し。

■《復活の祈祷師ザビ・ミラ》+《ヴォルグ・サンダー》のプレミアム殿堂超次元コンビ
上とあまり変わらない気がします。ザビ・ミラの無いデッキにヴォルグ4枚入れる必要はないわけですし。
ザビ・ミラからヴォルグ・ティーガーを目指せなくなるぐらいでしょうか。

■《復活の祈祷師ザビ・ミラ》と《ヴォルグ・サンダー》の両方が同時に殿堂入り
多分ないと思います。ザビ・ミラ単体殿堂よりはマシ程度に。


とりあえず、やはり個人的には《ヴォルグ・サンダー》単体での殿堂入りが妥当ですかね。
これから先の大会で「ザビミラヴォルグ」が実際に暴れ出すのかそうでないのかで変わってきそうです。

では。妄想垂れ流しの記事でした。

10種族用デッキ考え中

前回の「出てきそうなデッキ予測」の中に「ビーストフォークΛ」入れるの忘れてました。むしろこれトップメタじゃ……

とりあえず自分は「ドリームメイトのビート」を恐らく組む感じで。文明は火自然、あるいはそこに光を入れる感じで。
光火自然ドリメ懐かしいなぁ……「戦国武闘会~初陣~」でメインデッキとして使っていました。

とりあえず候補としては
独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍 3~4?(ドリームメイト)
サージェント・クワガタン 4
ツッコミパンダ・ディス 4(ドリームメイト)
猛烈元気バンジョー 4(ドリームメイト)
弾け山のラルビン (ドリームメイト)
楯神の賢者レオルド (ドリームメイト)
森の特攻隊長ペンペン中尉 (ドリームメイト)
囚われのパコネコ (ドリームメイト)
クラッシャー・ベア子姫 (ドリームメイト)
夢うつつラッコルさん (ドリームメイト)

光が入るなら
光牙忍ハヤブサマル
幻獣賢者エレファウスト (ドリームメイト)
森の指揮官コアラ大佐 (ドリームメイト)

このあたりでしょうか。後半の枚数が書かれていないカード達は、1枚積みという訳ではなくただ単に「枚数全然考えていない」ってだけです。
とりあえず攻撃型デッキは確定ですね。《眠りの森のメイ様》も魅力的なので迷い中。確実にずっと眠りっぱなしなので、ビートにはちょいと向かない能力かも。

悩みが一つ。
《サージェント・クワガタン》の能力のおかげで基本的にブロッカーには強そうですが、エンジェル・コマンドで採用されそうな「選ばれないパワー7000ブロッカー」なHEIKEとオッソ・レオーネに対しては圧倒的に弱そうな。
やっぱりパワーを上げられるペンペン&パコネコはガン積み必須でしょうか。でも、パコネコ1枚しか持ってねぇ……


ガブリエル・XENOMの方も、一度デッキを作ったことがあるのでそれを参考に作ればいいのかな?ただ、その時のデッキは趣味全開であんまり強くなかったので、それを改良するか全く別のを作るかしないといけなさそうです。

ただの案羅列でした。では。

今月下旬から種族デュエル始まるみたいですね

正確には「10種族デッキバトル」ですが。新デッキビルダー発売の7月21日に合わせてスタートするようで。

自分に言い聞かせる意味も含めルールのおさらいでも。

■次の10種族のうちいずれかの種族を、デッキ40枚(通常デッキ)の中に15枚以上入れている必要があります。
10種族は以下の通り
・(火文明の)ドラゴン
・ヒューマノイド
・ドリームメイト
・ビーストフォーク
・ジャイアント
・エンジェル・コマンド
・ドラゴン・ゾンビ
・ゴースト
・ガーディアン
・サイバーロード

■それ以外は、(多分)通常の殿堂レギュレーションに従います。(剛力やエクスの4積みが普通にあるってことですね)


最初の「(火文明の)ドラゴン」がフリーダム過ぎて卑怯です。バルガゲイザー4バルガラゴン4バルガライザー4インフィニティ1バジュラ1後はお好みで……でデッキが組めますね。
まぁ、「アーマード・ドラゴン15枚」でも連ドラならアッサリ満たすでしょうけど。

個人的に組んでみたいのはドリームメイト、エンジェル・コマンド、ドラゴン・ゾンビ辺りですかね。所持カード的に。
ドリームメイトならパンダネルラ中心のビートっぽい感じのデッキで、エンジェル・コマンドなら闇入れてガブリエル・XENOMとか、素直に初代アルカディアスとかヘブンズゲートとか。
ドラゴン・ゾンビなら、ドレッド・ブラッドとかデス・フェニックス辺りが面白いかもしれません。

簡単に想像できるタイプの警戒するデッキは、連ドラ、ケルケルヨ、グール、ビーストフォーク中心オレドラゴン(剛力4積めますし)、水単速攻、シノビドルゲとかそんな感じなのでしょうか。

他にも、指定種族15枚をサブとして入れつつ、全く違うカード(種族)が主役なんてデッキも平気で組めそうで怖いです。

好み的には第一候補はドリメかな?では。

なんか公式でイラスト投票とかやってますね

デュエル・マスターズ公式サイトにて、44弾限定の、好きなイラストのコンテストを行ってるようですね。

ビクトリー&スーパーレア、ベリーレア、レア、アンコモン、コモンから13枚ずつ選ぶようで。計15枚って多いですね。

折角なので、先月発売のコロコロについてきたリストで大きい画像を見つつ投票してみました。

■V&SR部門
・《偽りの名 イージス》
・《アクア・インテリジェンス 3rd G》
・《偽りの名 ハングリー・エレガンス》

とりあえず水2枚がかっこいいなー、と。他のは個人的にそこまで琴線に触れなかったり。
ハングリーエレガンスさんは、ギャグっぽくて意外とグロイところが好みかも。


■VR部門
・《守護晴天タース・ケルケルヨ》
・《拷問の魔黒スネーク・テイルコート》
・《諸肌の桜吹雪》

狙った訳ではありませんが、見事に全部種族進化クリーチャーですね。それぞれ「各種族の進化クリーチャーっぽさ」が出ていると思います。


■R部門
・《白獅子の精霊ムッタメガス》
・《殉教の守護者メンコイコイ》
・《改造機械リグツユーナ》

なんとなくで選びました。まさかの3/3アンノイズです。アンノイズって結構イラストかっこいいの多い感じですかね。
アンノウンのサポート種族ですが、ファイアー・バードみたいにいつの間にか主役になれる日がきたりするのか……ないか。


■UC部門
・《偽りの名 オラオラ・レオーネ》
・《鬼姫モエル》
・《大きくて小さな農園》

オラオラ・レオーネはイラスト、能力共に割と好きです。


■C部門
・《サイバー・D・モンストレイション》
・《黒神龍パープル・ランブル》
・《紅神龍セメルダイン》

くそゥ3体とも残念コスト7コモンシリーズじゃねえか!イラストはいいのに!能力をもうちょっと……特にモンストとパープル・ランブルお前らだよ!


こんな感じでした。コモンの性能残念シリーズが軒並みイラストかっこいいのはわざとってことで良いんでしょうか。
普通にイラストも性能も両立して下さいって話ですよね。

アンノイズは結構好きな種族なので(地域色強い名前含め)、専用デッキをいつか組んでみたいですね。
では。
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。