スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何の脈絡もなくデッキ紹介記事

あるっちゃあるんだけれども。なんとなく、使ってるデッキの公開でも。
強いとかは全然ないんだけどお気に入り、そんなデッキです。

デッキ『5色ハイランダー ver.TENMTH』

■光
超次元シャイニー・ホール
超次元ドラヴィタ・ホール
魔光王機デ・バウラ伯
バリアント・スパーク
超次元サプライズ・ホール
光波の守護者テルス・ルース

■水
蒼狼の始祖アマテラス
アクア・サーファー
スペース・クロウラー
ミラー・エッグ
クリスタル・メモリー
ブレイン・チャージャー
エナジー・ライト
スパイラル・ゲート

■闇
復讐のバイス・カイザー Z
デーモン・ハンド
超次元バイス・ホール
龍神ヘヴィ
解体人形ジェニー
ヤミノカムスター
特攻人形ジェニー

■火
龍神メタル
火焔タイガーグレンオー
スーパーバースト・ショット
炎晶バクレツ弾
クリムゾン・チャージャー

■自然
口寄の化身
超次元フェアリー・ホール
青銅の鎧
フェアリーミラクル
父なる大地
フェアリーライフ

■虹
ラスト・バイオレンス
ボルバルザーク・エクス
腐敗聖者ベガ
腐敗無頼トリプルマウス
鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
雷撃と火炎の城塞
天使と悪魔の墳墓
魂と記憶の盾


■超次元ゾーン
ホワイト・TENMTH・カイザー
イオの伝道師ガガ・パックン
時空の英雄アンタッチャブル
時空の踊り子マティーニ
サンダー・ティーガー
時空の喧嘩屋キル
タイタンの大地ジオ・ザ・マン
時空の冒険家ジョン


作っている人は作っているデッキタイプ『5色ハイランダー』の自分版。主役はてんむすとバリバリ・パックンガー。
27弾(極神編4弾)で5色デッキ強化カードが出たときに一度作り、かなりハマっていた(当時のフィニッシャーはアルカ夫妻でした)デッキだったのですが、キング・アルカディアスの禁止化に伴い、いつの間にか崩してしまっていました。
その後も何度かフィニッシャーを変えて作ってみては崩しを繰り返していた(ハイランダーな5神デッキとか「普通に通常構築しろよ」なのもありました)のですが、今回やっと手になじむ形のものが作れました。

このデッキを作ったきっかけは、エイリアンパックの方を買ったサークルの先輩が、ダブったとのことでTENMTHカイザーを去年の11月頃にトレードしてくれた(此方は《トラップ・コミューン》を出した記憶が)のでその際に、「記念にこいつが主役となるデッキ組もう」と思ったことでした。
で、その時に「呪文回収を活かし易く、なおかつ自分の所持カードで組めるデッキ」で思いついたのがこのデッキでした。

色々何故入っていないのか疑問なカードまみれですが、てんむすがハマった時は《ラスト・バイオレンス》を毎ターン打てたりして楽しいです。
主役であるてんむすとジオ・ザ・マンのどちらをも出せる《超次元シャチホコ・ホール》も折角昨日買えたので入れてみたいのですが、抜くカードが思いつかん。
ジョンタッチャする場面があまりないので、43弾買えたら超次元ゾーンのジョンタッチャの部分が、《勝利のプリンプリン》とかに変わるかも。

では。サイト更新は今週中にでも行いたいです。
スポンサーサイト

【縦に】超久々のタワーレシピだよ【糞長い】

とりあえず思いついたカードぶち込んでみましたタワーさん公開です。中身適当ぐちゃぐちゃだと名前が全然決まらん。

「とりあえず思いついたカードぶち込んでみましたタワー(仮)」
単色各12枚 多色10枚 計70枚
■光文明
光神龍シャイニング・エッジ
光神龍ザ・イエス
光器マーシャ
光器ベロチカ
知力の求道者ガガ・シータ
予言者リク(S・トリガー)
スーパー・スパーク(S・トリガー)
光器スヴェータ
仰天の守護者マモ・ミステール
ドラコ・バリアー(S・トリガー)
スター・フラッシュ(S・トリガー)
予言者クルト

■水文明
蒼の潮流スーパー・スペル・グレートブルー
アクア・サーファー(S・トリガー)
アクア・バースター(S・トリガー)
シンカイバビロデム
フォーチュン・ボール
アクアン
光陰のリバイバー・スパイラル(S・トリガー)
ウェーブ・ランス
転生プログラム(S・トリガー)
オンセン・ブレイン(S・トリガー)
シンカイタイフーン
スパイラル・ゲート(S・トリガー)

■闇文明
呪縛の剣豪バロスト
いけにえの鎖
剛壁怪人ボーンウォーラー
デーモン・ハンド(S・トリガー)
衰弱秘宝デッドリーン
ギガンデュラ
魔弾アルカディア・エッグ(S・トリガー)
悪戯人形ハロ
ルナー・クロロ
リバース・チャージャー
怨念終結(S・トリガー)
卵胞虫ゼリー・ワーム

■火文明
レグルス・ギル・ドラゴン
地獄スクラッパー(S・トリガー)
紅神龍バルガゲイザー
フレミングジェット・ドラゴン
ギル・アルビレオ・ドラクーン
霊森の火柱(S・トリガー)
猛神兵マキシムドボン
爆神兵ザルメス
ブレイブハート・ドラグーン
強制突撃(S・トリガー)
クック・ポロン
ニンプウ・タイフーン

■自然文明
緑神龍マグラグラン
緑神龍ジオブリード
ナチュラル・トラップ 2(S・トリガー)
賢察するエンシェント・ホーン
大食い妖精ジオ・デネブ
ブラッサム・トラップ
霊騎ラグマール
自由な旅人ベア子姫(S・トリガー)
母なる大地(S・トリガー)
雪要塞 ダルマンディ
竜舞の化身

■多色カード
海王聖霊ウナ・アラーナ
鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
雷撃と火炎の城塞(S・トリガー)
猛菌妖精コナユキ
電磁黙示マジェスティック・スター
血風神官フンヌー
両断のスカルセドニー
剛勇秘宝ライチ・デスサンデー
護精霊騎ヴァルチャー
戦略のD・H アツト

S・トリガー率 30%(21/70)
ドラゴン率 12.9%(9/70)
呪文率 31.4%(22/70)

なんか気に入ったカード放り込みまくってたらニンジャ・ストライクが全く入って無かったでござる。そんな微妙なタワーです。
シールドブレイクを促進させたかったので、《賢察するエンシェント・ホーン》《フォーチュン・ボール》ら10弾~11弾の「シールド枚数関連サイクル」を5枚とも投入。
更には、相手のシールドが減るほど強くなる《猛神兵マキシムドボン》や、(辛うじて)最新カードの《オンセン・ブレイン》も入れてみました。

他には、「タワー向けっぽい能力だよね」と言いつつ全然採用してこなかった《レグルス・ギル・ドラゴン》らスペース・チャージを採用。それでもあんまり多くないけど。

ドラゴン多めにしようと思ったけど全然多くならなかったぜ!な感じですが、それでもW・ブレイカー持ちの大型クリーチャーが多くなってしまったので、除去札はなるべくパワー関係ないタイプのを投入。
《いけにえの鎖》がなかなかいい味出してくれます。相手の場に大型ドラゴンが並び始めたところでプチっと潰してくれます。
とりあえず「微妙にトリガー足りてねぇ」というタワーでいつも陥る事態になってるので、改造時にはそこをどうにかしようかと思います。
あとはドラゴン率。いっそのことバルガゲイザーは諦めるべきなのか。
とりあえず、今まであまりタワーに入れてこなかったカードとか試せているのでその辺はかなり満足しています。《剛壁怪人ボーンウォーラー》とか。
小型クリーチャーをスルーしまくってるといつの間にか追い込まれてたりしてブロックのタイミングがなかなかムズイ。

ではでは。

なかなかいけるかもしれない。

試しに作ってみた新タワー回してみていますが、結構面白い動きをするカードがあったりして上機嫌です。

■《呪縛の剣豪バロスト》
「このクリーチャーが破壊されたとき、クリーチャーを全て破壊する。」という、後々《邪魂王ナーガ》にも受け継がれた(発動条件がほんの少し違いますが)豪快な能力を誇るクリーチャーです。
場的に不利な時に出すと嫌がられますが、マナ送りに注意。

■《賢察するエンシェント・ホーン》
何故今まで採用してなかったし。っていうレベルに楽しい。
(先に内容を把握させておけば)これを入れているってだけで序盤からいきなりシールドをブレイクしに行きたくなりますし、ブレイク出来ずに発動されてしまった時の威力もなかなか。
更に、自分のシールドがブレイクされてしまったときでも、相手のシールドが5枚以上のときに「マナに置いて《母なる大地》で相手の場に引っ張り出す」ことによって、

エンシェント・ホーンの能力で相手に自分自身のマナゾーンをアンタップさせる(能力強制)→マナ共有なので自分のマナが全アンタップ

なんて摩訶不思議なことが可能に。マナ共有なタワーのルールが故にできる芸当ですね。ただしお互いのシールドが4枚以下になるとただの5000クリーチャーに。

■《猛神兵マキシムドボン》
なかなか。後半ほど光るコスト4ってなんか面白い。一応普通に序盤から出してもただの3000クリーチャーとして使えるっちゃ使える。


今度余裕があるときにこのタワーをブログに上げてみます。では。

早速試しに組んでみた……けど強くなかった

ということで「ディケイド・マスターズ」基準のデッキを一つ組んでみました……が何とも微妙な内容に。
とりあえず超次元以外は弾数順に並べてあります。


デッキ「新旧織り交ぜ★極悪非道ライブラリアウト(笑)」

サイバー・ブレイン
ロジック・キューブ
エメラル
アクアン
アクア・サーファー
ヘル・スラッシュ
チェイン・スラッシュ
スケルトン・バイス
ロスト・チャージャー
転生プログラム
陰謀と計略の手
ギガスラッグ
妖蟲幻風ギュネール
アポカリプス・デイ
パクリオ
解体人形ジェニー
マインド・リセット
デーモン・ハンド(18弾枠)
霊騎レングストン
シークレット・クロックタワー
ウィザード・リザレクション
光神龍スペル・デル・フィン
光波の守護者テルス・ルース
スパイラル・ドライブ
スーパー・スパーク
腐敗聖者ベガ
スペース・クロウラー
天雷の導士アヴァラルド公
天雷霊騎サルヴァティ
ローズ・キャッスル
蒼狼の始祖アマテラス
黙示賢者ソルハバキ
猛菌魚雷ヤサカノフカ
白騎士スパーク
起源神プロトン
超次元リバイヴ・ホール
超次元バイス・ホール
ロジック・スパーク
コアクアンのおつかい
超次元の手ホワイト・ブラックホール

時空の凶兵ブラック・ガンヴィート
ヴォルグ・サンダー
勝利のプリンプリン(仮)


まだ情報が中途半端な43弾枠まで使っての作成。とりあえず各弾リスト見つつビビっときたのをぶち込んでみた。
《起源神プロトン》がポツリと入っているのを見るとなんかもの凄くこのルールっぽいなと笑ってしまう。《吸魂バキューム》でも良いかもしれない。
とりあえず普通のデッキと戦わせてみた感想としては「なんか違う」でした。

まず、《ヴォルグ・サンダー》が凶悪なのは「コンボで複数回一度に出す」ことによって一気に8枚以上の山札を削ることができるからであって、1枚だけならかなり大人しくなるんだったなー。と。
次に、旧来ライブラリアウトの強さは「ロックをかけたうえで山札破壊を連発する」ことにあったんだなと。ロックもかけずにやろうとしても、ちょっと相手の山札減らしたぐらいじゃ逆に攻め込まれてとどめを刺されっちまう。8弾はやっぱりマリエルなのか?
あと、《サイバー・ブレイン》《アクアン》《コアクアンのおつかい》で山札をどんどん減らしているといつの間にか自分側の山札の方がピンチになっていたり。

なかなか難しいですね。デッキ的に、アヴァラルド諦めてデ・バウラの方が良いのかな?



あと、プレミアム殿堂超次元コンビですが、この2枚をセットで扱っても良いようです。
37弾バイス・ホール、38弾ストーム・ホール(ロマノフ・ホール)、39弾デビルディアボロスとかするとなかなかに凶悪なデッキを作れそうな。持ってないんですけどね。
むしろこれ対策としてもうちょっと除去呪文を入れておいた方が良い……のかも?一度暴れ出すと本当に対処しづらいですし。

ではこの辺で。

なんかアツい企画が提案されているらしいですね。

まぁ私も例によって(?)flyssaさんのブログ記事で知ったわけなのですが。

こんな企画なようで。
DM10周年をお祝いしよう!ディケイド・マスターズ!

なんでも、今年の5月30日でデュエル・マスターズは10周年を迎えるようで(2007年のゼロデッキで全てのカードに「5周年」的なロゴが入ってたのを思い出しますね)、それに合わせて「(3月24日発売のライジング・ホープを含んだ)各弾のカードを1枚ずつ使ってデッキを作ってデュエルしよう」っていうものらしく。
1弾~43弾(R4弾)から1枚ずつの合計「43枚」のカードを使って試合をするという訳ですね。特筆すべき点は

・18弾「ベスト・チャレンジャー」もちゃんと含まれている(「完全再録パック」でありながら「通常ナンバリング」という謎仕様がついに花開きましたね。この枠結構重要かも?)
・同名カードは1枚まで(6弾から《フェアリー・ライフ》、更に10弾から《フェアリー・ライフ》とかは出来ないということです)
プレミアム殿堂カード使用可能
・勿論サイキック・クリーチャーを選択することは可能。その分通常デッキの枚数は減っていく(サイキックシステムが出てから8弾しか出てないから書く必要はないけど、一応超次元ゾーンはいつも通り8枚まででしょうね)
通常エキスパンションに一度も収録されていないカードの使用は不可(プロモカードとかで希にエキスパンションマークが付いてるのもあったけどそれも駄目だと思います)


ということらしいです。超次元ゾーン合わせて合計43枚のハイランダーとかなかなか熱そうです。
「プレ殿カードも可」のルールのせいで陰湿なデッキ破壊とかが普通に作れてしまいそう(ヘルスラ、ロスチャで相手の山札からクリーチャーを抜きつつヴォルグとか)なのとかキリコやボルバル、スケルトンバイスがベンベンぶっ飛んできそうなのが不安要因ですが、その他はなかなか面白そうな。
勿論、再録などでマークが違うカードを本来収録されている弾のカードとして扱うのはありみたいですよ。(例:ベスチャからは《デーモン・ハンド》を選び、ベスチャ版の《アクア・サーファー》を5弾枠として扱う)


最近流行りのサイキックに関してはとりあえずこのルール下において言えることは
・いつものように大量に積みづらい(例:チャクラを使おうとしても36弾から既に選んでいるのでシャイニーホールが選べない)
・覚醒リンクは軒並み不可能(神王以外のゴッド・リンクもだけど)

ということですね。いつもよりサイキック達はおとなしめになりそうな。そういえば「プレミアム殿堂超次元コンビ」はどうなるのでしょうか?
「プレミアム殿堂カード使用可能」のルールでまとめて解禁されているのかな?要確認ですね。

2弾か10弾か18弾から《ロジック・キューブ》を、38弾から《ロジック・スパーク》を、そして1弾から《サイバー・ブレイン》、8弾から《スケルトン・バイス》を持ってくるとやたら陰湿そうなコントロールが出来上がるなー とか。

更にそこに先程も言った、6弾から《ヘル・スラッシュ》、9弾から《ロスト・チャージャー》、41弾から《ヴォルグ・サンダー》、後は適当に36弾から《超次元リバイヴ・ホール》、37弾から《超次元バイス・ホール》……とかすると新旧織り交ぜた非道なライブラリアウトが作れそうな。
さらにそこに4弾から《アクアン》とか、40弾から《コアクアンのおつかい》又は《ブラッディ・クロス》とか入るのか……胸が熱くならなさそうな。

とりあえず折角思いついたので自分はまずこの「新旧織り交ぜ★極悪非道ライブラリアウト(仮)」でも作ってみますか。なんかとっくに他の人が作ってそうだな……
ちゃんと楽しげなフツーのデッキも作りたいですけどね。

ではこの辺で。長くなりました。


追記
「超次元ゾーンは8枚ぴったりまで一応できるんだね」って書きましたが、なんということか、最新8弾からサイキック・クリーチャーを合計8枚選んだら、通常デッキに「サイキックを出す」カードが1枚も入らないじゃないか
なんてアホなこと書いたんだ。一応、「通常デッキを35枚に抑えることでデッキ圧縮を図って欲しいカードを引きやすくする」という使い方も出来ますが……
ライブラリアウトに弱くなりそうだ。むしろ通常デッキ35枚のビートダウンを組めってことか。
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。