スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったね!

昨日は、久々にCROWさんとカードをしました。

とりあえずひたすらフリーデュエル。なんか妙にだらつく試合があったり、一方的にボコられる試合が続いたり・・・様々でした。
割とお気に入りの光闇自然超次元ビートがほとんど何もできずボコられてションボリ。

逆に、なんとなくエピソード1記念に作った、構築が若干ジャンクっぽい「水闇自然ハンター」と「水闇自然エイリアン」が謎の高戦績・・・ってどっちも同じ文明の組み合わせですね。全然気づかなかった。
この色の組み合わせ、結構自分は好きなのかも?
もっとも、この2つのデッキが活躍できたのは相手デッキとの相性がよかっただけみたいでしたが・・・
とりあえず、「水闇自然ハンター」は若干ビート耐性がありそうってのは確認できました。逆にコントロール相手だと、ガチレベルじゃないもの相手でもサンドバックにされそうな。
ドローが《アクア・ジェット》4枚に完全依存はやっぱりまずいかなぁ・・・ジェットさんハマると軽くドルゲーザ並みになるんだけど。


その後はトレード。
この前パックから出た《サイバー・N・ワールド》はトレードで《超時空ストーム G・XX》に変わりました。
Nワールドさんは強いのですが、ぶっちゃけ1枚だけあってもな・・・という感じだったので、「1枚でもあればいろいろなデッキに使える」なサイキック・クリーチャーに変わってくれてよかったです。
向こうもラスストさん2枚持ってたとのことで、Nワールドさんに変わって満足(?)の様子。

他にも、懐かしのローソンプロモのカードとかその他色々を合わせたものと《時空の賢者ランブル》もトレードでGET!マジ豪華。
こちらも2枚持っているとのことなので・・・って何でそんなにSRサイキックを2枚ずつとか持ってるんだ。


《時空の賢者ランブル》は早速「水闇自然ハンター」に入れさせてもらいました。《駿足の政》いるし。
山札の下覚えるのがちょっと面倒ですけどね。油断してるとニンジャ・ストライクしてたこと忘れたりして誤指名しちゃいそうな。

ランブルさん、登場直後はチャクラと並んでかなりぶっ壊れでしたが、《超次元エクストラ・ホール》、《お清めトラップ》、《サイバー・N・ワールド》等「相手のデッキをシャッフルできる」カードも増えてきたことですし、少しはマシになった・・・かな?
それでも、「ちょっと準備してやるだけでコスト5パワー15000のTブレイカー」ってのは十分無茶苦茶ですが。チャクラよりはましな程度。
今ではリバイヴ、ミカド、バイス、ガロウズ等で12枚体制とかできるんですね。うは。
他にもイプシロンやらグレイトフルやらからも出せますし、ロマノフ穴、ガード穴からも出ますね・・・って多過ぎる。
山札の下を固定できるカードと先の超次元呪文達を集めればなんかデッキっぽいのが作れちゃいそうな。流石にそこまで甘くないですかね。

山札操作→ランブル登場→ランブル覚醒のターンに山札操作 でチャクラ並みの無敵っぷりになったりとか。

既存のデッキに入れるだけでなく、ちょいと専用デッキでも作ってみたくなりましたね。


明日から3日間、サークルで旅行があるのでまたまたブログ更新はありません。
あと、私の大学、夏休みの始まりが遅かったおかげで、終わりも遅かったりします。
9月10日前後あたりを目安に、夏休みのうちにもう一回ぐらいサイト本体の更新もしたいですね。

ではでは。
スポンサーサイト

鋭利アン

デッキビルダー発売を記念に作ろうと思って挫折したエイリアンデッキですが、なんとなく再び作ってみました。

最初はパックからやたら出てくる《鋼の緑爪ギル・ルイテン》が使いたいのと、《魔水晶スーパー・ディス・リバイバー》や《レグルス・ギル・ドラゴン》ら光ってるエイリアン勢を試してみたかったのとで水闇火自然の4色で組みました・・・が、まとまりがなくて華麗にジャンクデッキ風に。
流石にこれは酷いということで、安定性を求めて火文明を抜くことに。それでもまだ強くはないですが、とりあえずデッキっぽくはなってきたかなと。

ところで、エイリアンって如何せんハンターに比べて、「種族で統一する必要性が薄い」種族ですね。
まず、「種族進化が1体もいない」というのはかなりの痛手ではないでしょうか。

先程のエイリアンデッキ(火文明入りのとき)を使ってて「ギル・ルイテン→ザピ・イプシロンって気持ちいいけど他のクリーチャーでよくね?」って思わされたことが何度あったことか・・・
やはり、種族統一デッキの、その種族の軽量クリーチャーは進化先がいてこそ活躍できますね。
今のところ、《鋼の緑爪ギル・ルイテン》を使うメリットがほとんどないのが実情です。漫画ばりの活躍させてあげたいなぁ・・・
やはり、こういうカードを救うには「種族進化」が必須なわけですが、きっとダークサイドで出ますよね・・・?
できればベリーレアやレアあたりで欲しいものですが。

ちょいとオリカ思いついたので投稿。エイリアン進化こんなんどうでしょう的な。
《魔星虫ザビ・カオス・ワーム》
コスト6 パワー4000 闇文明 進化クリーチャー
パラサイトワーム/エイリアン
■進化-自分のパラサイトワームまたはエイリアン1体の上に置く。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び破壊する。その後、バトルゾーンにある相手のサイキック・クリーチャーを1体選び破壊する。
フレーバー
視覚無きその魔獣の前には、覚醒の力もただ無力であった。
《魔獣虫カオス・ワーム》を《クリスタル・スーパーパラディン》を参考にアレンジしたクリーチャーです。バランス平気かな。
エイリアンデッキにもパラサイトワームデッキにも入れられるようにデザインしました。
《魔獣虫カオス・ワーム》他多くのパラサイトワーム達は元から「目が無くて口が大きい」を満たしているので、エイリアンの特徴ともぴったりだな・・・と思って合わせてみました。
コスト6パワー4000と進化クリーチャーとしてはかなりパワーが低いですが、覚醒獣を使っている相手には出した瞬間除去を2回飛ばせるという本家以上の除去性能を持っています。
2体破壊するのではなく2回に分けて破壊するということで、解除持ちも一発解体可能です。
逆に覚醒獣の無い相手にはせいぜい「エイリアンデッキでも使える劣化カオスワーム」ぐらいの活躍しかできないようにしてあります。
残念ながらかの凶悪な《時空の支配者ディアボロス Z》は倒せません。その点、《クリスタル・スーパーパラディン》はナイスデザインのカードだったんだな・・・と。
エイリアンの割に全然スペース・チャージ関係ないじゃんという突っ込みはナシの方向で。ほら、《魔水晶スーパー・ディス・リバイバー》も《悪魔神ザビ・イプシロン》もそうやん。

こんな感じでエイリアンの進化クリーチャーや、さらなる「覚醒獣抑制カード」が出ていってくれるといいな・・・と思う封魔カオスなのでした。



なんかデネブログでまたオリカコンテストやってるみたいなのでこのカード投稿してきました。

ふっかつ の じゅもん

昨日帰ってきました。流石に返ってきたその日に更新とかする元気はありませんでしたが。

いつの間にか《地獄門デス・ゲート》の確定テキストが公式サイトより出ていましたね。
公式より引用

地獄門デス・ゲート
コスト6 闇文明 呪文 レア
◆S・トリガー
・相手のタップされていないクリーチャーを1体破壊する。そのクリーチャーよりコストが小さい、進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

多くのデッキで使えそうなカードですが、カードバランス的にもなかなかの良カードではないでしょうか。(今のところ)
《無双竜機ボルバルザーク》のように後から暴れ出す可能性も無きにしもあらずですが。

能力は、《デス・チェイサー》のコストが1上がって、不確定リアニメイトのおまけがついたというもの。
《デス・スモーク》以来おなじみの「非タップを破壊」という能力は、破壊対象が限られて不便というイメージが強いのか、今まで何故かそれ程使われてきませんでした。
今回はそこにリアニメイトが付いてきましたので、使われる機会は増えそうな・・・?

リアニメイト(墓地からクリーチャーを出す)側の能力も、相手依存な上に墓地が溜まりやすいデッキでないと能力が発動しづらそうな感もありますが、かなり強力なもの。
「Sトリガー除去にクリーチャーがついている」の強さは《アクア・サーファー》や《火焔タイガーグレンオー》が証明しているので、場合によってはかなりの威力になるこのカードは、期待が高まりますね。
サイキック・クリーチャー達の「表記上のコストの高さ」がついにデメリットになる時代が来たということでしょうか。
「平気でコスト14とか20とか書いてあるクリーチャーが場に出る」今の状態に対する一つの解答なのかもしれません。
コスト7サイキックを除去したときに出せるということでコスト6のクリーチャー達の出番が増えそうな。

どちらの能力も若干不確定な面もありますが、なかなか良さそうなカードです。前回「タワーに入れるZE」みたいなこと書いてましたが、通常デッキの方でも入るデッキがいくつか思いつきました。
タワー用も含め枚数集める必要が出てきそうな・・・いいカードなんだろうけど、どうせDASHリスト(笑)入りになるんだろうし、収録確率も低くされてるんだろうなぁ・・・
60種類パックなのが唯一の救いです。


他にも、どうやらベリーレア以下で構成されているらしい3体覚醒リンク《横綱 義留の富士(よこづな ギルのふじ)》、《大関 地男の里(おおぜき ジオのさと)》、《小結 座美の花(こむすび ザビのはな)》も次の弾で出るようなので、なかなか楽しみ。
特に《横綱 義留の富士》は《ガイアール・カイザー》持ってなくて《超次元シューティング・ホール》が使えない状態にあった自分には朗報です。
これといって出す先のサイキックが(不所持で)存在しなかった《超次元ストーム・ホール》にも出番が来るかもしれません。


次の弾、期待が高まります。37弾を引き継いで「シリーズ2弾目は優秀」なるか・・・?
あるいは、39弾みたいに「一部のカード以外は・・・」となってしまうのか?

とりあえず全貌が見えてくるまで、お金は節約しておくことにします。「ファースト・コンタクト」も買い収めか・・・

来週一週間いません

来週一週間、親の実家への里帰りに行き、パソコンの無い状態になるので、更新できません。
といっても、今週みたいに特に何にも用事ないのに更新しない週とかもありますが・・・
そういうわけで、よろしくお願いします。


以下、タワーデュエルの話題。えらい長くなってしまったのと、「続きを読む」機能の使い方が分かったということもあって、試しに隠してみる。

続きを読む

やっと更新

やっとサイト本体更新しました。といっても、少なくとも1か月前にはとっくに出来ていてもおかしくない程度の内容ですが。
サイトトップにも書きましたが、夏休みで暇なうちにあと一回ぐらい更新したいです。


【デュエマルール勘違い】
一人でタワー試ししてるとき何度もやってたでやんの。

・デッキ進化は、手札以外から場に出ようとして進化に失敗した場合でも、能力にしたがって手札に戻る。

つまり、「連鎖」とかで山札の上からデッキ進化しようとしたり、《リアルとデスの大逆転》で無理やり墓地から出されようとしたときに進化失敗した時も、「元のゾーン」ではなく「出そうとしていたプレイヤーの手札」に戻るようで・・・
タワーへの採用率の高いデッキ進化なので、皆さん覚えておきましょう。

では・・・
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。