スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンストン・ドラフト(デュエマ版)

MTG Wikiを見ていたらウィンストン・ドラフトなるものを見つけました
元々はブースター・ドラフトと同じく未開封のパックで遊ぶことを前提としたルールみたいです

先ほどのMTG Wikiの記事の、遊び方についての文章を要約すると

◆1.ドラフトに使うカードを全て混ぜ、1つの大きな山札にする
◆2.先攻後攻を決め、先攻プレイヤーは山札の上から3枚を裏向きのまま1枚ずつ伏せて置く。並べられたカードをそれぞれパイルA,B,Cと呼ぶ
pile.png
※パイル(pile)とは山札という意味だが、手順1で説明した山札とは別物なので注意
◆3.手番のプレイヤー(最初は先攻プレイヤー)はパイルAを自分だけが見えるよう確認し、そのパイルを取るか取らないかを決める
 →取る場合、そのパイルの全てのカードを取った後、山札の一番上のカードを裏向きのままパイルAのあった場所に置く(新たなパイルAになる)
 →取らない場合、カードを元の場所に戻し、山札の一番上のカードをパイルAの上に裏向きのまま置く(パイルAが1枚増える)
◆4.パイルAを取らなかった場合、パイルBでも同様の手順を行う。パイルBを取らなかった場合、パイルCで同じ手順を行う
◆5.どのパイルも取らなかった場合、山札の一番上のカードを自分のカードとする


手順3~5を交互に行い、用意したカードが全てなくなるまでカードを取っていくとのこと
最後の方になると山札から追加するカードがなくなったりパイルが2つ以下になったりしますが、その状態でも全てのカードがなくなるまでカードを取り続けるみたいです
最後に手元にあるカードで40枚のデッキを作り、そのデッキ同士で勝負をするルールです

ある程度の人数を要求するブースタ・ドラフトと違い、少人数でのプレイに向いたルールです
というかほぼ2人限定のルールですかね? 用意するカードを増やせば3人でもできるかも
ドラフト試合のセオリー通り同じパックを20パックほど用意して遊んでもいいですし、複数のエキスパンションのパックを混ぜて遊ぶ(カオスドラフト)のも面白そうです
また、既存のあまりカードで作った山(キューブと呼ぶらしいです)で遊ぶキューブドラフトの形をとれば、新たなパックを購入するコストが浮きますね
試しに以下のような内容のキューブでゲームのプレイ具合を見てみました

長くなるので中身は「続きを読む」から

続きを読む

スポンサーサイト

スターターデッキ語り

2002~2006年までの間に出ていた、スターターデッキというのを覚えているでしょうか
この記事でも触れていたものであり、いずれも水火自然の3色デッキです
これらのデッキには以下のような特徴がありました

■直近の大型弾のコモン~レアのみで組まれた水火自然デッキ
 ※闘魂編(まで?)はコモン・アンコモンのみ
 ※レアの枚数は聖拳編が2枚、転生編とベストチャレンジャーが4枚
■特別枠としてその弾のベリーレアが1枚ついている(41枚目扱い)
 ※転生編・ベストチャレンジャーは限定ホイルカード
■収録カードのもつ能力は2つ以下
 ※闘魂編のガイアクロウ・ワスプのみ例外
 ※パワーアタッカー、ブロッカー等シンプルな能力のみ
■純粋なスピードアタッカーのクリーチャーは不採用
■W・ブレイカーを持つのはベリーレアのみ

見れば見るほど条件がキツいですね……
特にスピードアタッカーを入れられないのと、優秀なカードの多い★レアの枚数が限られているのがとにかく足を引っ張ります
前述の記事で紹介した「スターターデッキ風デッキ」を作る際も、雰囲気の再現を目指すにとどまり、制約の大半を無視するほどでした
最終的に「制約つきで組むのは無茶」と判断したようで、翌年からは「ビギナーズ・ビートスラッシュ」や「ワイルド・キングダム」のような普通の構築済みデッキがスターターとしての役割を果たすようになりました(これらのデッキにもプレイマットがついた)

前置きはここまで
どうして突然スターターセットについて語りだしたのかというと、あるサイトでベスト・チャレンジャーのスターターをこき下ろす記事を見かけたのがきっかけです
「デッキとしてはお粗末」とか「後年まで生き残ったのは《青銅の鎧》だけ」とか「初心者舐めすぎ」とか辛辣なことを言われまくってて笑いました
折角なのでカードリストを見ながら、自分もツッコミを入れていくとしましょう

長くなるので「続きを読む」から

続きを読む

【再掲】1体のクリーチャーに最大何種族まで持たせられるか

※2012年1月13日の記事を再利用したものです

■【2012年1月13日】
《永遠のプリンプリン》を見ていたら1体のクリーチャーは最大でいくつの種族を持つことができるのかというしょうもない疑問が浮かんだので、検証してみることにしました
種族追加能力を持ったカードを挙げていってみましょう

《シータ・トゥレイト》(サバイバー追加)
《レジェンド・アタッカー》(ドラゴノイドにアーマード・ドラゴン追加)
《ビックリ・イリュージョン》(何でも追加)
《封魔の戦慄ジュマゾール》(グランド・デビルにデーモン・コマンド追加)
《無双龍聖ジオ・マスターチャ》(4コス以上にアポロニア・ドラゴン/アース・ドラゴン追加)
《竜装 ムシャ・レジェンド》(アーマード・ドラゴンとサムライ追加)
《聖獣ピュアホワイト》(ナイト追加)
《武装竜鬼ジオゴクトラ》(4コス以上にサムライ/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン)
《永遠のプリンプリン》(エイリアンにハンター追加、ハンターにエイリアン追加)
《カレーパン・マスター 切札勝太》(6コス以下にカレーパン追加)

次に種族を付与されるクリーチャーを決めます。マスターチャやカレーパンのためにコスト4~6のクリーチャーで、なおかつ最初から種族を3つ持ってるクリーチャーが条件です
ドデビルとエイリアン(orハンター)を同時に持つ3種族持ちが理想ですが……流石にいませんか
とりあえず3つのうちどれかを持つ、コスト4~6の3種族持ちを探してみましょう
コスト6でセラフィム、メカオー、ドデビルを持つ《霊王機ブルファリオン》がピッタリです

場がブルファリオン(ムシャレジェンド装備)、シータトゥレイト、ジュマゾール、ジオマスターチャ、ピュアホワイト、プリンプリン、カレーパンマスターの状態でビックリを唱えると……?

アーク・セラフィム/グレートメカオー/グランド・デビル
サバイバー
デーモン・コマンド
アポロニア・ドラゴン/アース・ドラゴン
ナイト
アーマード・ドラゴン/サムライ
ハンター/エイリアン(片方はビックリで追加)
カレーパン
好きな種族3つ(例:デューン・ゲッコー、クリエイター、ナーガとか) ※2012年8月11日《ビックリ・イリュージョン》が殿堂入り
なんと16種族13種族でした!


■【2016年2月4日】
あれから4年。種族追加カードは増え、また、元から多量の種族を持つクリーチャーも登場した今ならば、当時よりも多くの種族を持たせられるかもしれません
まずは前回と同じようにブルファリオンで検証してみましょう

なお、あれから増えた種族追加カードというと
《好奇心 プリンセスプリン》(無条件でハンター/エイリアン追加)
《高貴心 プリン・プリンセス》(アウトレイジ追加)
《ユニバース・ラピア》(フェニックス追加)
《熱血龍 ザンテツビッグ・ホーン》など(ガイアール・コマンド・ドラゴン追加)
《獣軍隊 フォック》(ゲリラ・コマンド追加)

ビックリでエイリアン(ハンター)を加える必要がなくなりました。よって持てる種族数は

アーク・セラフィム/グレートメカオー/グランド・デビル
サバイバー、デーモン・コマンド、ナイト、カレーパン
アポロニア・ドラゴン/アース・ドラゴン
アーマード・ドラゴン/サムライ
ハンター/エイリアン
アウトレイジ、フェニックス、ガイアール・コマンド・ドラゴン、ゲリラ・コマンド
任意の種族(ビックリ・イリュージョンで追加)
18種族です。好奇心プリンの存在がかなり大きいですね

次に、元から9種族を持つ《究極男》で考えてみましょう
ヘドリアン/ハンター/エイリアン/サムライ/ナイト/オリジン/ダイナモ/シノビ/サバイバー
カレーパン、アウトレイジ、フェニックス、ガイアール・コマンド・ドラゴン、ゲリラ・コマンド
アーマード・ドラゴン
グランド・デビル(ビックリで追加)、デーモン・コマンド
なんと17種族しか持てません。コスト3なのでマスターチャの範囲外な上、元からサバイバーやハンターなどの特殊種族を持っているのが辛いです

最後に、元から10種族を持つうえコストも5と丁度いい《超越男》で考えてみましょう
アウトレイジ/へドリアン/シノビ/ダイナモ/ハンター/チルドレン/ロスト・クルセイダー/カレーパン/ピアニスト/ワールドアイドル
アポロニア・ドラゴン/アース・ドラゴン
アーマード・ドラゴン/サムライ
エイリアン
サバイバー、ナイト、フェニックス、ガイアール・コマンド・ドラゴン、ゲリラ・コマンド
グランド・デビル(ビックリで追加)、デーモン・コマンド
なんと22種族! ハンター、アウトレイジ、カレーパン持ちなのが惜しいですが、《究極男》と比べるとマイナー種族が多い上、マスターチャの効果範囲なのが明暗を分けました

超ブラック・ボックス・パックで《超越男》が出たことで、この手のネタ企画もよりいっそうやりやすくなりましたね
これから先も種族追加カードは増えていくのでしょうか

では

■【2016年4月2日】
DMR-20 「革命編 第4章 正体判明のギュウジン丸!!」で水獣にマジック・コマンドを追加する《宇宙 タコンチュ》が出ましたね
《超越男》は水クリーチャーなのでタコンチュでの種族追加も容易です
上の例にマジック・コマンドを足して23種族持ちが達成できるようになりました

ヒドラ「えっ今日から俺達デッキに入っていいのか!!」

殿堂解除

1月24日時点で発表されたものに加え、新たに《アクア・ハルカス》《龍神ヘヴィ》が殿堂解除、《凶星王ダーク・ヒドラ》が殿堂入りへの降格が為されたようです
結局のところ、今日付で規制緩和されるカードは

◆完全無制限になるもの
アクア・ハルカス
ディープ・オペレーション
雷鳴の守護者ミスト・リエス
パシフィック・チャンピオン
炎槍と水剣の裁(プレミアム殿堂からの2段階降格)
龍神ヘヴィ
予言者ローラン

◆1枚制限に緩和されるもの
凶星王ダーク・ヒドラ

の8枚とのこと。ずいぶん思いきったことをしたものです
カジュアル視点からになってしまいますが、それぞれ一言ずつ感想でも伸べてみるとします


■《ディープ・オペレーション》
12年越しの制限解除。初代殿堂入りカードの1枚でした
だた、2004年当時ですら規制には疑問の声が投げられていたカードなので、この殿堂解除は大方の予想通りかもしれません

■《アクア・ハルカス》《パシフィック・チャンピオン》
2008年殿堂入り組の2枚が仲良く殿堂解除です
当時猛威を振るっていたリキピ,ウイルス,マーフォーク3種族中心の水単速攻を弱体化させるために殿堂入りした2枚でしたね
水単速攻への対抗手段が増えてきた今、規制は妥当ではないという判断が下されたのでしょう
特にハルカスは種族違いが存在する上そちらの種族の方が後々有利になっていったという悲しい境遇にあり、2009年ごろには既にそちらとの入れ替え殿堂解除を望む声も多かったような気がします

■《炎槍と水剣の裁》
まさかの禁止状態からの完全緩和。驚いた人も多いのではないでしょうか
小型獣を不用意に並べられなくなるという理由での規制でしたが、低コスト高パワーのクリーチャーが増え、パワーを参照する破壊が不利になってきたが故の解除ですね

■《予言者ローラン》
《ヒラメキ・プログラム》によるとばっちり殿堂だった1枚。あちらが規制された以上、殿堂入りにとどまる理由はありませんでしたね
今だと《三界 ナラカ・マークラ》デッキで見かけることになるのでしょうか

■《雷鳴の守護者ミスト・リエス》
シノビの登場やハイドロ・ハリケーンデッキの台頭などにより2009年に規制された1枚です
それらも規制された上、超次元呪文によりついでに破壊されることも多くなっていました
それに加えて早期決着の試合が増えてきたため、悠長に時間をかけて手札補充している暇がなくなってきていたことも規制解除の理由でしょうか
ただし長期戦での凶悪さは相変わらず。何らかのループコンボの潤滑材になる可能性もあります
やや規制解除が不安な1枚です

■《龍神ヘヴィ》
G・リンク時の凶悪さと単体での高すぎる利便性が合わさり規制されていた1枚です
敵獣除去が昔より充実してきたため、リンク時能力も昔ほど凶悪ではないということでしょうか
カード除去も増えてきており、リンク中でもピンポイントで狙われることも今ならありますね
ただ、闇単ドラグナーとの相性のよさがやや不安。あちらに何らかの規制が入るのでしょうか
やや規制解除が不安な1枚です

■《凶星王ダーク・ヒドラ》
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》に続いて2枚目となる、プレミアム殿堂から殿堂入りへの降格措置を受けたカードです
ダーク・ヒドラ同士による相互回収が凶悪な1枚でしたね。殿堂入りで落ち着いたかと思われましたが、ハヤブサマル(当時無制限)とのループが問題となり禁止となりました
当時から1枚ならそこまで凶悪ではないのではと思っていたので、個人的には嬉しい禁止解除です
ただ、今だとジャスミンやドロン・ゴーとのループが成立するらしいのが少し気がかりです
個人的には嬉しいのですが、今回の規制解除の中でも一番不安が大きかったりします


規制リストの収縮は個人的には大歓迎ですが、規制と解除を行き来する事態にはならないでほしいものです
ミストリエス、ヘヴィ、ダークヒドラの3枚はこのまま緩和されっ放しで済むのでしょうか
では

【2015年】今年のDMを振り返る【おさらい】

怒涛の二連続更新。一日に二つ記事上げるのいつ以来だろう……

去年は色々あってできなかったので2年ぶりの年末おさらいです
今年は短くまとめたかったので、付録カードなどは飛ばし飛ばしでいきますね

■1月24日 「スーパーレア100%パック」発売
SR以上のみで構成された1枚入りパック。当たり外れが大きく、やや買いづらい印象でした
《高貴の精霊龍 プレミアム・マドンナ》が新規カードの中では有名ですが、タワーには不向き

■2月21日 「超戦ガイネクスト×極」発売
「小型弾を前後編に分ける」という初の試みが行われたパックです
アンコモンのスパーク呪文《マスター・スパーク》が登場しました
メッタギルスらマナ武装S・トリガー逹も単色のデッキ・タワーを影から支えてくれています

■3月21日 「超戦ガイネクスト×真」発売
ガイネクストの後編。極は闇文明が中心でしたが、こちらは光文明が中心です
《爆流剣術 神速の技》らシールド関連の呪文サイクルやエスケープ獣、S・バックなどを収録
極から続いて収録されたカードを含め、タワーで活躍するカードの多い弾でした

■4月25日 「デュエマ・スタートデッキ」発売
文明参照の進化クリーチャーを中心とした単色デッキ3種です
シンプルな《奇跡の玉 クルスタ》は色々なタワーでよく見かけます
文明進化が増えたおかげで、タワーにも進化クリーチャーを入れやすくなりました

■6月15日 コロコロ7月号付録「コロコロ限定ドギラゴン40枚デッキ」
《レッツ・ドギラゴン》《音速 ガトリング》を中心とした火文明単色の速攻デッキです
雑誌付録なため安価なカードが中心ですが、方向性がしっかりしていていい感じ
《小さな勇者ゲット》は約13年ぶりの再録です

■6月20日 「燃えろドギラゴン!!」発売
革命編が本格的にスタート。高レアリティの封入率が見直されました
Rev.サイクルが登場するなど、S・トリガーがかなり充実した弾です
《ガチャンコ・ガチロボ》らシールド枚数を参照する侵略者サイクルもタワー的にナイス
また、6パック購入キャンペーンの《超奇天烈 ギャブル》もタワー向きです

■7月18日 「デッキ一撃完成!! デュエマックス160 ~革命&侵略~」発売
いわゆるデッキビルダー的商品。有名S・トリガーの複数収録が目玉でした
ランダムで手札2枚が入れかわる《奇天烈 サイコロン》や、盾を増やすブロッカーな《魔法の玉 タルー》が新規ではタワー向きかな?
また、《ムテキ・バトラゴン》の種族が誤植された挙げ句そのまま変更になっていたり

■8月8日 「マスターズ・クロニクル・デッキ」発売
旧枠仕様の構築済みデッキ。3種同時発売
新規カードでは《ボルメテウス・ホワイト・フレア》がタワー向きですね

■9月19日 「時よ止まれミラダンテ!!」発売
革命編第二弾。スパーク内臓クリーチャー《閃光の守護者ホーリー》が登場です
《三界 リンネル》ら文明参照の侵略サイクルも目玉でしたが、タワー的には微妙

■10月24日 「マスターズ・クロニクル・パック 英雄決闘譚」発売
10種のセットがランダムで封入された特殊パックです
去年のファンタジスタ12、一昨年のパーフェクト12、一昨昨年のオールスター12の流れを汲んだ商品ですね
《黒神龍オドル・ニードル》は12シリーズから引き続きまさかの皆勤賞
《ボルシャック・ファイアー》《戦極無双》など新規のS・トリガー呪文も出ています

■11月20日 「カスタム変形デッキ」発売
一方的にS・トリガー獣などを封じる凶悪軽量獣《単騎連射 マグナム》が登場。タワーには入りませんが
タワー的には火で高コスト獣を破壊できる《イフリート・ハンド》の存在が大きいです
闇や自然に頼らず高コスト・高パワーのクリーチャーを完全に処理できるようになったのは本当にありがたい
1ドロー付きブロッカーの《光輪の精霊 ピカリエ》もなかなかですね

■12月18日 「禁断のドキンダムX」発売
クリーチャー,呪文,クロスギア,城,ウェポン,フォートレスに続く第7のカードタイプ「鼓動」が登場
今のところタワーでも使えそうな鼓動は出てないですけどね
ホイルからコモンまで、タワーに採用できそうなカードが多く存在したのが印象的でした


【総評】
革命編がS・トリガーを積極的に補強するシリーズなのもあり、タワーで採用候補となり得るS・トリガーが一気に増えた年でした
それに伴い、ハイランダーの単色タワーが去年までと比べ組みやすくなるという思わぬ副産物も

タワー的にはかなりプラスとなった年でした
それではよいお年を
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。