スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月~11月の最新カードの感想

またもや更新が滞ってしまってました。封魔カオスです
@homepageがサービス終了してサイト本体が見られなくなってる……どうにかしないと

ここのところ用事が立て込んでいたため殆どカードを買えておりません
革命ファイナル2弾だけは購入していたため、それを中心としたカード感想になります
デュエデミー賞は新規カードがいずれもタワー向きのカードではなかったため割愛しました



【世界は0だ!!ブラックアウト!!】(9月17日)

■《獣軍隊X ゲリラフガン》
6マナ溜まるととシールド・トリガーを得るゲリラ・コマンドです
マナ共有ルールでは破壊時能力が強すぎる気がするので、自然単タワーのように破壊以外の除去が多いタワーに入れるのがいいかもしれません

■《ゴースト・パイレーツ》
今回のパックでも特に優秀なS・トリガー呪文です
相手の8000以下を2体まとめて退治したり、16000以下1体を手札に戻したりできます
コスト8の多色ということで、《無法のレイジクリスタル》に使用感は似てる……かも?

■《龍素記号Uc プレパラード》
《ファンタジー・フィッシュ》《突然月光ホイホイザー》《メカピン》《アクア潜入員 トリガロイド》の完全上位です
S・トリガー付きのドラゴンなのでタワーでも重宝されそうですね

■《反逆の悪魔龍 レイドボッカス》
《デス・ハープ》の完全上位です。あちらはタワーですら大して使われてませんでしたが
ドラゴンを多く入れたいテーマのタワーにどうぞ
余談ですが、DM-01に入っていてもおかしくないほど不気味なイラストをしています

■《ベイB ソーター》
《勇王の化身ダイカイザン》に似た「ターンの始めにマナをタップして発動」系のカードです
ただ、あちらと違うのはアンタップステップの後に能力を使えるという点ですね
そのため、マナ共有ルールでも安心して採用することができますね(ダイカイザンの場合、能力に必要なマナを直前の相手ターンに使われてしまう)

■《パペット・ナイト》
場に味方クリーチャーがいることが前提とはいえ、敵獣を複数破壊し得るS・トリガー呪文です
スレイヤーが付与されるのは味方だけなため、自分のクリーチャーの方が強い場合は普通に相手だけを破壊できるのが強みですね

■《禁断W エキゾースト》
出した時に1枚引けるブロッカー。出したとき能力になった《封魔イゾラド》とも言えますし、コストが低くなった《ハルク・クロウラー》とも言えます
癖のない性能を持つため様々なタワーでコンスタントに活躍してくれそうです

■《サイバー・チューン》
でかい《エマージェンシー・タイフーン》ですね
状況を選ばないため、あらゆるタワーで活躍が期待できそうです
フルフレームのイラストがかなり格好いいです

■多色マナ武装サイクル
タワー内の多色カードの割合によりますが多色マナ武装2はそこそこ発動を狙っていけますね
逆に多色マナ武装4はよほどのことがない限り狙えそうにないです
採用する場合は《謎帥の艦隊》のようにマナ武装なしでも強いものにした方がよさそう

■侵略ZERO
相手の踏み倒しに便乗し、自身を踏み倒す能力です
面白い能力ですが、タワーに入れると踏み倒しを控えさせ、プレイングを窮屈にしがちです
採用するとしてもあまり入れ過ぎない方がいいでしょう



【DXデュエガチャデッキ】(11月12日)

■ドギラゴン・ガチャ関連カード
6番の「出撃」が出るたびにマナが減ってしまうのでタワーには不向きです
1~5番の出目はタワーでも美味しい能力ばかりなので非常に惜しいです

■《刀の3号 カツえもん剣》
味方にスピードアタッカーを与える革命チェンジ持ちのハムカツ団です
革命チェンジの条件が緩く使いやすいため、タワーにも採用しやすいですね
SA付与により攻撃時能力持ちをサポートすることもできます

■ドキンダム・ガチャ関連カード
こちらのガチャはタワーに不向きな目はなさそうですね
墓地に関係する能力が多いため、序盤に回すと得しにくいのが欠点でしょうか
採用するのであれば軽くて使いやすい《轟烈X ベガスダラー》やS・トリガー持ちの《ドキンダム・チャンス》あたりが候補になりそうです



デュエデミーとガチャデッキは買わないままスルーすることになりそうです
コロコロ付録でカツえもん剣を手に入れたので、合うタワーを探してみることにします
では
スポンサーサイト

タワーから見るクロニクルデッキ2016

いよいよ発売が来週に迫ってきましたね
公式ツイッターや公式対戦動画でテキストが判明しているとのことなので、新規カードをタワー目線で見てみるとしましょう

■《龍聖霊ウィズダムフェウス》
《鋼爵の玉 ヴァラルド》と《閃光の精霊龍 ヴァルハラ・マスター》それぞれの能力を強化したようなクリーチャーです
S・トリガーの天門から出せば《閃光の守護者ホーリー》と同じ働きが出来ますね
……たった1枚でこれを成し遂げてしまうホーリーの異常さを再確認させられる1枚です

■《清浄の精霊ウル》
公式ツイッターで判明したカードです
シールドを殴れないSトリガーつきブロッカー。《逆転王女プリン》と《父母の玉 パパラス&ママラス》を足して2で割ったような性能ですね
種族はエンジェル・コマンドとかなり優秀ですが、S・トリガー持ちのエンジェル・コマンドには既に《音階の精霊龍 コルティオール》がいるためやや立場が苦しいか?
状況を選ばずに2体止められるのはあちらにはない利点です
第1弾の《浄化の精霊ウルス》をイメージしているらしいのですが、能力的には面影もありません

■《アルカディア・スパーク》
《ホーリー・スパーク》か強化版《サイバー・ハンド》のどちらかを選べるS・トリガー呪文です
エンジェル・コマンドが1体いるだけで両方選べるようになる太っ腹仕様。その代わりにコストがバカ高いですが

■《無敵死神ヘックスペイン》
《天運の精霊龍 ヴァールハイト》の選択肢が3枚に広がり、送る先が墓地、マナゾーン、手札になったクリーチャーです
タワーにおいては直接的な利益になるのは手札に来る1枚だけですが、マナや墓地を増やして試合に深みを持たせる役割が期待できそうですね

再録陣に関しては、エメラルーダやスパーク・チャージャーが旧枠仕様になったことが特筆すべき点でしょうか
逆に言うとこの2枚しか新枠から旧枠になれたカードがないということでもあるんですよね。ジャスミンやデスゲートは既に旧枠になってますし
旧枠化を期待していた人にとってはやや拍子抜けするような内容かもしれませんね

では

Lv.マックスパック感想

思ったより気に入ったので各パックの感想でも
発売前に書いたものとはいえ、こっちの記事ではかなり雑に流してしまったので

■1.勝太の超速攻革命チェンジパック
名前の割に全然速攻でも何でもないのが特徴のパックです
バクアドルガンは革命チェンジとの相性のよさもあり、需要が高まりだしたタイミングでの再録です
ダイリュウガンは能力を使えなければ重くてデカいWブレイカー止まりなので、相性のいいカードの枚数を抑えればタワーにも入れられるかも
ボスカツ剣はやっぱり地味。スターター風デッキにでも使います?

■2.勝太のコスト軽減デカドラゴンパック
ドラゲナイはアホみたいな名前の割に絵がメチャクチャ格好いいですね
8コスト以下を対象としたカード除去を毎ターン放てる上、自身の山札回復や相手の墓地利用の妨害もできたりと能力の方もそれなりです
山札回復ができるのでタワーに入れたい気持ちもありますが、他の部分が強すぎるので無理そう。高スペックのカードを叩きつけ合うタイプのタワーなら採用できるでしょうか
バザガジール・ドラゴンは初の新枠化。完全上位であるバザガベルグ疾風を差し置いての新枠化です
革命ファイナル限定構築戦などで使わせるための再録でしょうか

■3.バサラの墓地利用D2フィールドパック
デュエマ40枚スペシャルデッキに続いてまたしてもJETサーキットが収録されています。開発のお気に入りなのでしょうか
オタカラ・アッタカラが初再録。最近のカードですが、デッキの基盤になりうるカードなので再録は素直に嬉しいですね
墓地から直接D2フィールドを復活させられるフィーダスも登場。D2フィールドの採用数が多ければタワーにも入るかも?

■4.バサラの禁断!高速封印解除パック
猛スピードで封印を剥がしていくデカルパは、ドキンダムXを採用したタワーに入りますかね?
ドキンダム・ソウルも「手間がかかるけど強い」カードとしてタワーに入るでしょうか

■5.ナンバー2のD2フィールドMOTORSパック
ワンダーワープは面白そうですが、墓地共有のタワーだと強すぎますかね
手札を整えつつバトルを支援するワンダーチューン・MOTORSも面白そうですが、貼った側が有利になりすぎる気もします
山札も猛スピードでなくなっていきそうですしタワーには少しキツそう?

■6.ルシファーのタイムストップ革命チェンジパック
新規カードはいずれもタワーには向きそうにないですが、DNAとクロックの再録が嬉しいパックです
蒼神龍ノース・グランデは初の新枠化……と思いきやドラゴン魂フェス!!で既に再録されていました
タワーとは関係ないですが、ラフルルのイラストがとても可愛いですね

■7.ルシファーの呪文&クリーチャー魂の連鎖パック
マホズンとホーマのイラストが昔のカードっぽくて中々格好いいです
再録規制の解除されたドラゴンズ・サインも1枚とはいえ初の再録を果たしています
また、カスタム変形デッキ出身のジェネラローズとエンジェル・フェザーも初再録です

■8.レオのマナ加速革命チェンジパック
トビ・ゴンゴンと次元の霊峰が新枠化を果たしました。ジオブロンズマジックも初再録です
次元の霊峰は革命チェンジとの相性のよさから一時期かなり高騰してたようですが、早いタイミングでのテコ入れがなされましたね
スカイソードはヒーローズ・クロス・パックやオラクルの書に収録された方のイラストでの再録です
また、青銅の鎧はデュエマ40枚スペシャルデッキと同じく2枚収録です
あのデッキに2枚しか入っていなかったのは、このパックで手に入れた分を足せと言う意味だったんでしょうか。邪推しすぎですかね

■9.レオのヘブンズ・ゲート・ブロッカーパック
新規カードのコンチはシンプルながらかなり使いやすいカード。種族も優秀です
また、ミスト・リエスは殿堂解除されてから初めての再録。ちなみに反撃ブロック、正義の天聖龍、デュエマックスで1枚ずつ再録されていたので、それら全てを買っていれば今回ので新枠版が4枚揃ったりします
ポラリスは……光か自然のマナが7枚あればS・トリガーになる能力が面白そうですが、タワーに入ったりするのでしょうか

■10.コジローの悪魔の復活戦略パック
デーモン・コマンド版アバヨ・シャバヨなデスモーリーが登場です
ディオライオス系の能力自体はタワーに入れるとそこそこ活躍できますし、種族が生かせるタワーなら採用してみてもいいかも

やや癖のあるカードが多いものの、新規・再録ともに豪華な顔ぶれでしたね
では

4月~7月の最新カードの感想

どうも、2ヶ月間完全に放置してました。気づけばもう7月です
新シリーズである革命ファイナルが始まりましたね(今更)
革命チェンジ、D2フィールドの両方ともタワーデッキ的にも面白そうなギミックです
通常パック、構築済みデッキ、コロコロ付録などのカードを発売順に見ていってみましょう

【コロコロコミック5月号付録】(4月15日)
■《行くぜ1号! ハムカツマン》《行くぜ2号! ボスカツ》
革命チェンジが初登場。バトンタッチのような能力です
ハムカツマンはマナ回収等の余計な能力がないため、タワーでの革命チェンジ要員にもバッチリ
ボスカツは革命チェンジ持ちの準バニラなメガ・コマンド・ドラゴン。僅か1ヶ月で《超DX ブリキン将軍》なる完全上位が出てしまったのでタワーで救済してあげましょう

【革命スタート・デッキ】(4月23日)
■《漢の2号 ボスカツ》《タイム2 ファソラ》
準バニラ革命チェンジ。上記の《行くぜ2号!》と違いドラゴン以外からもチェンジが可能です
ただし種族がメガ・ドラゴン(エンジェル・ドラゴン)なのでコマンドサポートの対象外です
既存の種族からコマンドを抜いただけの手抜き種族ですって? ハハッ気のせいですよ
他にもS・トリガー持ちの《ハート・メラッチ》や《青寂の精霊龍 カーネル》、1ドロー付きの《タイム1 ドレミ》はぜひともタワーに入れたいですね

【デュエマ40枚スペシャルデッキ】(5月15日)
■《行くぜ団長! ドギラゴン》
何だこの付録名この記事でも取り上げた火自然の構築済みデッキですね
目玉カードであるこのカードですが、悪い性能ではないものの地味な印象は拭えません
そこそこパワーが高いためタワーデュエルではそれなりの脅威になるかも

【フィールド・スタート・デッキ】(5月21日)
■《禁断V キザム》
トリガー持ちの《炎獄の剛魔ビルギアス》と言い表せそうなソニック・コマンド/イニシャルズ
あちらと違い片方は強制バトル能力なので、パワー上昇と組むと除去範囲が広がります
ビルギアスと違いパワー低下は2000なので注意。そのままではパワー5500以上のクリーチャーに手も足も出ないため、他の採用クリーチャーのパワーと相談してタワーに入れましょう

【革命ファイナル完全ガイド付録】(5月28日)
■《爆竜DX メカゲンジ》
ブロッカー2体を破壊しつつ登場するメガ・コマンド・ドラゴンです
通常デッキでは《DX ブリキング》や《刀の3号 カツえもん》と役割が被ることと、パワーがそこまで高くないことが仇となり採用率は低めです
タワーでもブロッカー2体が並ぶ場面は多くないため、真価を発揮できる機会は少なそう
邪魔者を破壊しながらWブレイクできるので、ハマれば強いのは間違いないはずです

【ハムカツ団とドギラゴン剣】(5月28日)
■《禁断~封印されしX~》/《伝説の禁断 ドキンダムX》
あの凶悪カードが早くも再録されました
革命編3弾のものと合わせて2枚目になった人もいると思うので、タワーでも使ってみては?
2枚あれば両方のプレイヤーの場に用意することができます

■《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》
通常デッキでも引っ張りだこの万能カード
タワーデュエルにおいても序盤から中盤まで幅広く活躍してくれるでしょう
上記のドキンダムとの相性もいいですが、革命チェンジと合わせると無限墓地回収になってしまうのでタワーでは共存させないよう注意が必要です

■《春雷の精霊龍 ペガリャン》
《蒼神龍ノース・グランデ》の色違いなエンジェル・ドラゴンです
文明のおかげかパワーが1500上がっています
種族のエンジェル・ドラゴンはエンジェル・コマンドでもコマンド・ドラゴンでもないのでうっかり勘違いしないよう注意しましょう

■《龍素記号Od アイソトープ》
軽くなった代わりに場に出た時の能力がなくなった《キング・ラングレー》とでも言うべきクリスタル・ドラゴンです
相変わらずコマンドを抜いただけの手抜きややこしい種族を持っているので注意

■《爆G コステロ》
バトル耐性持ち。序盤から積極的に攻めていける点はまさにタワー向きと言えるでしょう
「バトル中」に破壊されない能力のため、「バトルの後」に発動するスレイヤーには普通に破壊されるので注意が必要です

■《黒鱗類 ヴィロプレトス》
《双撃目 アロサウロ》の完全下位これは酷い
元々酷評されていたアロサウロがコマンドサポートとコマンド・ドラゴンサポートを受けられなくなった……と書くとかなり悲惨です
コマンドメタの《結杯の堕天カチャマサングン》に引っかからないので実はギリギリのところで全くの完全下位とも言えなかったり

【奥義伝授!! デッキLv.マックスパック】(7月9日)
月末に発売される商品が多い中、かなり奇妙なタイミングで発売されるセットです
新規・再録を織り交ぜたパックですが、新規カードでタワー的に見所のあるカードはなさそう
地味シンプルな能力の《漢の2号 ボスカツ剣》が比較的タワーに向いてるでしょうか

【コロコロコミック8月号付録】(7月15日)
■《勇者(仮)じーさん》
えっ何このテキスト(褒め言葉)
去年の《めっちゃ無敵なじーさん》に続いて2体目となるヒューマノイド邪です
タワーへの投入すら躊躇ってしまいそうなほどのナイスな個性ですね


種族にドラゴンを持つカードがが今まで以上に重要視されそうです
では

次号コロコロ付録の構築済みデッキ

昨年のドギラゴンデッキと同じように、6月号の付録として構築済みデッキが付いてくるそうです
前回のはDMD-21「無敵の火文明」に似た内容の火単速攻でしたが、今回のはDMD-29「勝太の疾風速攻」を意識した火自然デッキみたいですね
コロコロの次号予告より内容および枚数が判明しています

【収録内容】
紅神龍メルガルス 4
凶戦士ブレイズ・クロー 4
メリコミ・フィスト 4
チキチキ・JET・サーキット 2(ハムカツ団とドギラゴン剣から(?)の先行収録)
雪鳥目 ペンタゴン 4
双撃目 アロサウロ 2
青銅の鎧 (DM-18版イラスト)2
霊騎幻獣チクタク・キューン 4
ナチュラル・トラップ 2
チャッチャケ・トラップ 2
行くぜ団長! ドギラゴン 2(限定)
刀の3号 カツえもん 4(ハムカツ団とドギラゴン剣からの先行収録)
無頼勇騎タイガ 4

(火文明単色14枚、自然文明単色16枚、多色10枚)


《行くぜ団長! ドギラゴン》
コスト7 パワー11000 火自然 クリーチャー
メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・革命チェンジ-火または自然のドラゴン(自分の火または自然のドラゴンが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
・W・ブレイカー
・バトル中、このクリーチャーは破壊されない。

《刀の3号 カツえもん》
コスト3 パワー5000 火自然 クリーチャー
メガ・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・革命チェンジ-火または自然のクリーチャー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。

《チキチキ・JET・サーキット》
コスト4 火 D2フィールド
・自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

とのこと
メルガルスとチクタクキューン新枠化おめでとう!
去年のエクスプレス&メッツァー&ボーグ&ゲットほどではないものの中々予想外の人選です
前回と同じく主人公勢力と敵対勢力の新規&先行カードが収録されており、今回は革命チェンジとD2フィールドが収録されていますね
D2フィールドは通常デッキ版ドラグハート・フォートレス遊戯王のフィールド魔法の丸パクリであり、背景ストーリー的にはイニシャルズ側の技術のようです

正直なところ、昨年のドギラゴンデッキ以上に意味不明な収録の多い構築済みデッキです
昨年に引き続き4枚ずつ収録されているブレイズクローとメリコミフィストですが、ブレイズクローはともかくメリコミ4枚はいらない気がしますね
《青銅の鎧》のおかげでマナもたまりやすいワケですし、《オンソク・ハリテ》の方が合っていたような気がします。同じ弾からペンタゴンとチャッチャケも採用されてますし
ただ肝心の《青銅の鎧》も2枚入りであり、リアクションに困る中途半端な枚数です
メルガルス、ペンタゴン、アロサウロが団長ドギラゴンの革命チェンジ要員なのは分かりますが、チクタクキューンの採用理由がいまいち不明ですね
キューンの種族を生かせる構築でない以上、《熊姫の面 ベアコダッシュ》の方がよさそうです

不満な点はありますが、初心者の入門デッキとしては前回に続き及第点の内容と言えるでしょう
キューン自体は決して悪いカードではないですし、DMC-61のように《炎のたてがみ》を再録されるよりかは遥かにマシです
色々言いましたが新規カードもありますし恐らく買うと思います

来年以降もコロコロ付録の構築済みデッキが出るといいですね
では
sidetitleプロフィールsidetitle

封魔カオス

Author:封魔カオス
DMタワーデュエルのサイトやってます。
http://homepage3.nifty.com/morihome/tower/

コメントの返信はコメント欄内でするつもりです。

不要と思った記事は時々消してます。

相互リンクは受付中です。DMタワーやってる人とかなら特に嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。